SDS/ストレージ仮想化 IDC Japan

SDSの認知度は2014年から2015年にかけて明確に向上--IDC

IDC Japanは12月7日、「2015年 国内Software-Defined Storageの需要動向分析」を発表した。

 IDC Japanは12月7日、「2015年 国内Software-Defined Storageの需要動向分析」を発表した。

 同調査は、国内Software-Defined Storage市場の需要動向をユーザー調査に基づいて分析したもので、Software-Defined Storageに対する認知度、将来の利用意向、選択の条件、期待するメリット、価格感度などの設問を通して今後の需要を予測するとともに、市場開拓に必要な留意点について分析した。

 今回のユーザー調査の結果、Software-Defined Storageの認知度はまだ十分に高いとは言えないものの、前回2014年の調査に比べ国内企業ユーザーにおける認知は徐々に向上していることが分かった。また企業規模別にみると、従業員規模が1万人を超えると認知傾向が大きく向上することも明らかになったとのこと。


Software-Defined Storageの性質としてコモディティサーバーで構成できることと
上位管理ソフトウェアから制御できることのどちらが重要か
(IDC提供)

 IDCでは、Software-Defined Storageを「容易に入手可能な(カスタマイズされていない)コンポーネントによって構成されたコモディティハードウェアを前提とし、その上に搭載されたソフトウェアスタックによってストレージ機能のフルセットを提供するプラットフォーム」であると定義している。

 その利用意向については、Software-Defined Storageの中でも「コモディティサーバを多数並べて、ソフトウェアでスケールアウト型に構成するアーキテクチャ」に対する評価、採用の見込みを聞いた結果、同アーキテクチャの利用について前向きなユーザーが全般的に多いことが分かった。Software-Defined Storageの評価や検討が進み、導入するか否かの姿勢をはっきりさせるユーザーが増えた様子が確認できたとしている。

 同社エンタープライズインフラストラクチャ リサーチマネージャーの鈴木康介氏は、以下のように分析している。

 「Software-Defined Storageに対するエンタープライズユーザーの認知は向上しつつあるが、まだ十分な理解が広まったと言える状況には達していない。また、市場でも有力なエコシステムを形成しそうな求心力を発揮している製品が登場してはおらず、各社は有利なポジションを占めるための競争を繰り広げている。しかし今後は、ビッグデータ分析をサポートする大容量ストレージとして、さらにはビジネスの迅速化を図るためのインフラ自動運用のコア技術として、Software-Defined Storageの重要性が増していくことは確実であり、ストレージ市場の中で主要な製品セグメントの1つとなっていくであろう」

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 今まさにコグニティブの夜明け―データを活用し洞察力を高めた先駆者に学ぶ
  2. システム開発の革新―IBM Watsonを活用した次世代の超高速開発の衝撃
  3. 調査報告:Windows Server 2016の新機能で実現するハイパーコンバージド・インフラ
  4. 間違ったバックアップ方法では、ランサムウェアからデータを守れない!-仮想テープライブラリーという選択
  5. リスク急増!広がる「BYOC(個人用クラウドの持ち込み)」ほか、頭の痛いネットワークの課題を考える

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
サーバ仮想化
コンテナ
SDS/ストレージ仮想化
SDN/ネットワーク仮想化
デスクトップ仮想化
アプリケーション仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan