ミドルウェア

Asakusa Framework:基幹システムのバッチ処理を高速化--Hadoopを活用

バッチ処理実行フレームワーク「Asakusa Framework」は、基幹システムのバッチ処理に必要な開発環境、実行環境、運用環境を実装。Hadoopを用いて基幹システムの大容量データを多数のサーバに分散して並列処理する。

 「Asakusa Framework」は、分散並列処理フレームワーク「Apache Hadoop」で基幹業務システムのバッチ処理を高速実行するためのフレームワークだ。オープンソースソフトウェア(OSS)として公開されている。

 基幹システムのバッチ処理に必要な開発環境、実行環境、運用環境を実装する。大容量データを多数のサーバに分散して並列処理することで、高速なデータ処理ができるようになる。Asakusa Frameworkを導入し、それ以前に4時間を要していたバッチ処理が数分で完了したケースもあるとしている。

 バッチ処理を短時間化できることで、月次でしか実行できなかったシミュレーションや確定処理、在庫の引き当てや受発注、予測といった処理を日次やリアルタイムで実行できるようになる。

 Asakusa Framework自体はOSSであるため無料で利用できるが、パートナー企業が導入や運用などの支援サービスを有償で提供している。現在、ノーチラス・テクノロジーズ、新日鉄住金ソリューションズ、東芝ソリューション、日立ソリューションズがバートナー企業だ。

Asakusa Frameworkの概要
用途と機能Hadoopで基幹業務システムのバッチ処理を高速実行するためのフレームワーク
特徴基幹システムのバッチ処理に必要な開発環境、実行環境、運用環境を実装。並列処理することで、高速なデータ処理が可能になる
税別価格無償(オープンソース)

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

「ミドルウェア」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
OS
ミドルウェア
アプリケーションサーバー
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス
  4. 「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ
  5. データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]