ミドルウェア

Asakusa Framework:基幹システムのバッチ処理を高速化--Hadoopを活用

バッチ処理実行フレームワーク「Asakusa Framework」は、基幹システムのバッチ処理に必要な開発環境、実行環境、運用環境を実装。Hadoopを用いて基幹システムの大容量データを多数のサーバに分散して並列処理する。

 「Asakusa Framework」は、分散並列処理フレームワーク「Apache Hadoop」で基幹業務システムのバッチ処理を高速実行するためのフレームワークだ。オープンソースソフトウェア(OSS)として公開されている。

 基幹システムのバッチ処理に必要な開発環境、実行環境、運用環境を実装する。大容量データを多数のサーバに分散して並列処理することで、高速なデータ処理ができるようになる。Asakusa Frameworkを導入し、それ以前に4時間を要していたバッチ処理が数分で完了したケースもあるとしている。

 バッチ処理を短時間化できることで、月次でしか実行できなかったシミュレーションや確定処理、在庫の引き当てや受発注、予測といった処理を日次やリアルタイムで実行できるようになる。

 Asakusa Framework自体はOSSであるため無料で利用できるが、パートナー企業が導入や運用などの支援サービスを有償で提供している。現在、ノーチラス・テクノロジーズ、新日鉄住金ソリューションズ、東芝ソリューション、日立ソリューションズがバートナー企業だ。

Asakusa Frameworkの概要
用途と機能Hadoopで基幹業務システムのバッチ処理を高速実行するためのフレームワーク
特徴基幹システムのバッチ処理に必要な開発環境、実行環境、運用環境を実装。並列処理することで、高速なデータ処理が可能になる
税別価格無償(オープンソース)

関連記事

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
OS
ミドルウェア
アプリケーションサーバ
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan