開発支援 グレープシティ

ComponentOne Studio:Winアプリ、ウェブアプリの開発期間を短縮する支援ツール

開発支援ツールの「ComponentOne Studio」は、Windowsアプリケーションやウェブアプリケーションを開発するためのコンポーネントを提供する。デスクトップやウェブ、ストアアプリ向けに6つのエディションがある。

 グレープシティの「ComponentOne Studio」は、Windowsフォーム、ASP.NET、Windows Presentation Foundation(WPF)、Silverlight、Windowsストアのアプリケーションを開発するためのコンポーネントを提供する開発支援ツールである。日本マイクロソフトの統合開発環境「Visual Studio」に対応する。フレームワークは.NET Framework、ASP.NET、ASP.NET MVC、ウェブサーバはInternet Information Server(IIS)、OSはWindows、Windows RT、Windows Server、Windows Phone、Mac OS X、Linuxに対応する。

 デスクトップアプリケーション向けには、Windowsフォームアプリケーションの機能を提供する「Studio for WinForms」、ユーザーインターフェースサブシステムであるWPFの機能を提供する「Studio for WPF」という2つのエディションを用意。ストアアプリ向けには「Studio for WinRT XAML」というエディションを提供。

 ウェブアプリケーション向けには、ASP.NETの機能を提供する「Studio for ASP.NET Web Forms」、ASP.NET MVCアプリケーションの機能を提供する「Studio for ASP.NET MVC」、Silverlightアプリケーションの機能を提供する「Studio for Silverlight」という3つのエディションがある。これらのエディションを全て包含する「ComponentOne Studio Enterprise」も提供する。

 ComponentOne Studioは、最新テクノロジに対応することを目的として1年に3回のメジャーリリースを実施している。販売形態はサブスクリプション方式になっており、契約期間中は無償で新版を利用できる。

ComponentOne Studio
さまざまデバイス向けのアプリケーションを開発できる(グレープシティ提供)
ComponentOne Studioの概要
用途と機能Windowsアプリやウェブアプリ向けの開発支援ツール
特徴Windowsフォーム、ASP.NET、WPF、Silverlight、Windowsストアのアプリケーションを開発するためのコンポーネントを提供
税別価格初期費用:1ライセンスで年額15万円、10ライセンスで97万5000円、継続費用:1ライセンスあたり年額6万円
導入企業大興電子通信

「開発支援」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
開発ツール
開発支援
ノンプログラミング開発ツール
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 企業価値を「デジタル由来」に転換--大企業のDXをハッカソンで支える日本マイクロソフト
  2. スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る
  3. 2021年のサイバー脅威予測が明らかに─将来の攻撃に企業はいかに備えるべきか
  4. 6割のサイバー攻撃ではマルウェアは使われていない事実が判明─求められる新たな防御戦略とは
  5. “テレワークだからこそ”デスクトップPCを利用すべき?!ノートPCにはない魅力の数々に迫る

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]