開発支援 グレープシティ

ComponentOne Studio:Winアプリ、ウェブアプリの開発期間を短縮する支援ツール

開発支援ツールの「ComponentOne Studio」は、Windowsアプリケーションやウェブアプリケーションを開発するためのコンポーネントを提供する。デスクトップやウェブ、ストアアプリ向けに6つのエディションがある。

 グレープシティの「ComponentOne Studio」は、Windowsフォーム、ASP.NET、Windows Presentation Foundation(WPF)、Silverlight、Windowsストアのアプリケーションを開発するためのコンポーネントを提供する開発支援ツールである。日本マイクロソフトの統合開発環境「Visual Studio」に対応する。フレームワークは.NET Framework、ASP.NET、ASP.NET MVC、ウェブサーバはInternet Information Server(IIS)、OSはWindows、Windows RT、Windows Server、Windows Phone、Mac OS X、Linuxに対応する。

 デスクトップアプリケーション向けには、Windowsフォームアプリケーションの機能を提供する「Studio for WinForms」、ユーザーインターフェースサブシステムであるWPFの機能を提供する「Studio for WPF」という2つのエディションを用意。ストアアプリ向けには「Studio for WinRT XAML」というエディションを提供。

 ウェブアプリケーション向けには、ASP.NETの機能を提供する「Studio for ASP.NET Web Forms」、ASP.NET MVCアプリケーションの機能を提供する「Studio for ASP.NET MVC」、Silverlightアプリケーションの機能を提供する「Studio for Silverlight」という3つのエディションがある。これらのエディションを全て包含する「ComponentOne Studio Enterprise」も提供する。

 ComponentOne Studioは、最新テクノロジに対応することを目的として1年に3回のメジャーリリースを実施している。販売形態はサブスクリプション方式になっており、契約期間中は無償で新版を利用できる。

ComponentOne Studio
さまざまデバイス向けのアプリケーションを開発できる(グレープシティ提供)
ComponentOne Studioの概要
用途と機能Windowsアプリやウェブアプリ向けの開発支援ツール
特徴Windowsフォーム、ASP.NET、WPF、Silverlight、Windowsストアのアプリケーションを開発するためのコンポーネントを提供
税別価格初期費用:1ライセンスで年額15万円、10ライセンスで97万5000円、継続費用:1ライセンスあたり年額6万円
導入企業大興電子通信

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 調査結果:働き方改革の実態――働き方改革によって、どんな支障が出るのか?
  2. 調査資料:職場と人事の将来~日本の場合
  3. ニーズが高まるDBaaS、30項目の基準で有力ベンダー13社を調査
  4. AIはホテルの適切な単価も導き出す。さらなる付加価値もコグニティブで。
  5. 既存のアンチウイルスでは防げない脅威にどう立ち向かう?

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
開発ツール
開発支援
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan