開発支援 グレープシティ

ComponentOne Studio:Winアプリ、ウェブアプリの開発期間を短縮する支援ツール

開発支援ツールの「ComponentOne Studio」は、Windowsアプリケーションやウェブアプリケーションを開発するためのコンポーネントを提供する。デスクトップやウェブ、ストアアプリ向けに6つのエディションがある。

 グレープシティの「ComponentOne Studio」は、Windowsフォーム、ASP.NET、Windows Presentation Foundation(WPF)、Silverlight、Windowsストアのアプリケーションを開発するためのコンポーネントを提供する開発支援ツールである。日本マイクロソフトの統合開発環境「Visual Studio」に対応する。フレームワークは.NET Framework、ASP.NET、ASP.NET MVC、ウェブサーバはInternet Information Server(IIS)、OSはWindows、Windows RT、Windows Server、Windows Phone、Mac OS X、Linuxに対応する。

 デスクトップアプリケーション向けには、Windowsフォームアプリケーションの機能を提供する「Studio for WinForms」、ユーザーインターフェースサブシステムであるWPFの機能を提供する「Studio for WPF」という2つのエディションを用意。ストアアプリ向けには「Studio for WinRT XAML」というエディションを提供。

 ウェブアプリケーション向けには、ASP.NETの機能を提供する「Studio for ASP.NET Web Forms」、ASP.NET MVCアプリケーションの機能を提供する「Studio for ASP.NET MVC」、Silverlightアプリケーションの機能を提供する「Studio for Silverlight」という3つのエディションがある。これらのエディションを全て包含する「ComponentOne Studio Enterprise」も提供する。

 ComponentOne Studioは、最新テクノロジに対応することを目的として1年に3回のメジャーリリースを実施している。販売形態はサブスクリプション方式になっており、契約期間中は無償で新版を利用できる。

ComponentOne Studio
さまざまデバイス向けのアプリケーションを開発できる(グレープシティ提供)
ComponentOne Studioの概要
用途と機能Windowsアプリやウェブアプリ向けの開発支援ツール
特徴Windowsフォーム、ASP.NET、WPF、Silverlight、Windowsストアのアプリケーションを開発するためのコンポーネントを提供
税別価格初期費用:1ライセンスで年額15万円、10ライセンスで97万5000円、継続費用:1ライセンスあたり年額6万円
導入企業大興電子通信

「開発支援」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
開発ツール
開発支援
ノンプログラミング開発ツール
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. 進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは
  4. 【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン
  5. 「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]