仮想化 ネットワーク仮想化 インフラ ネットワーク

実用期のSDN:「Cisco ACI」の特長--アプリ中心のネットワークで設定を簡素化

連載第3回の今回はCisco ACI(Application Centric Infrastructure)にフォーカスし、具体的なユースケースやソリューションの特徴を紹介する。

ファブリック

 ファブリックを構成し、ACIで実際のデータの転送に使用されるのは、Nexus 9000シリーズである。Nexus 9000シリーズは動作モードが2種類あり、1つめがこれまでのNexusのようにスタンドアローンで動作するNX-OSモード、そして、もう1つがACIで使用するためのACIモードである。

 ファブリックはSpine/Leaf構成となっており、SpineスイッチにはLeafスイッチのみ接続でき、サーバや外部接続ネットワーク機器、APICはLeafスイッチにのみ接続できる。なお、このNexus 9000シリーズには、Spine用のモデルとLeaf用のモデルがあり、それぞれ対応する製品を選択する必要がある。

 内部はIPファブリックとなっているが、IPアドレスの設定などはすべてAPICが行うため、スイッチの交換時なども各スイッチのコンソールにアクセスする必要がない。そのIPファブリックの上に、VXLANをベースにしたオーバーレイネットワークを構成する。

 さらに、今までのNexusに実装されていたVPC(Virtual PortChannel)などの機能や分散ゲートウェイを使用することができ、サーバとの接続の冗長性やトラフィックを最適化することができる。

まとめ

 今回はCiscoが提供するSDNの中からACIを取り上げ、ACIが提供する物理ネットワークと論理ネットワークの統合や、アプリケーション単位のネットワーク操作が可能となり、運用時間を劇的に削減できることについて紹介した。

 ACIはインフラにおけるネットワークとセキュリティの課題を解決し、シンプルに利用することが可能となると同時に迅速性の向上に寄与することにより、ユーザに大きな恩恵をもたらすことができる。

田村 勝
ネットワンシステムズ株式会社 ビジネス推進本部 第2応用技術部 クラウドソフトウェアチームデータセンターネットワーク製品の評価・検証作業、案件支援に従事。Cisco NexusやCisco ACI等のネットワーク製品の評価・検証や、これらと連携する、データセンター管理製品の評価・検証を行っている。

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. テレワークで起こりがちなトラブルの原因「資料が自宅から閲覧できない」にどう対処する?
  2. CIOが成功するための最大の条件は「CEOとの連携」にあり?!516名のCIO調査を紐解く
  3. 【働き方改革事例】PCの調達・管理に関する不安を解決するサブスクリプションサービス
  4. 【DX解説書】もっともDXに不向きな〇〇業界が取り組むべき改革とは?
  5. 今すぐ「働き方改革」に着手するべき、2つの理由と改革への第一歩

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
スイッチ
無線LAN
ルータ
ロードバランサ
VPN
WAN高速化
仮想化
サーバ仮想化
コンテナ
SDS/ストレージ仮想化
SDN/ネットワーク仮想化
デスクトップ仮想化
アプリケーション仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]