WAN高速化 リバーベッドテクノロジー

Riverbed SteelHead:WANで実行するアプリケーションやファイル共有を高速化

WAN経由で実行するアプリケーションやファイル共有を高速化する「Riverbed SteelHead」は、データをキャッシュし、差分データだけを送信する重複排除でWANを経由するデータ量を減らし、従来より短い時間でファイルやデータを転送できる。

 リバーベッドテクノロジーの「Riverbed SteelHead」は、WAN経由で実行するアプリケーションやファイル共有を高速化する。WANでつないだ拠点間のコラボレーションの強化のほか、WAN帯域幅の最適化、サーバ統合やクラウド活用の推進、バックアップやレプリケーションの時間短縮などに効果を発揮する。

 データセンターや拠点に設置したSteelHeadでデータをキャッシュし、差分データだけを送信する重複排除でWANを経由するデータ量を減らし、従来より短い時間でファイルやデータを転送できる。バイト単位でキャッシュすることで、集約率と重複データのヒット率を向上。ファイルの一部を修正した場合には、変更部分だけキャッシュし直すので、更新頻度が高いファイルを扱う場合でも高速化できる。

 ファイル共有、メール、FTP、HTTP、HTTPSなどさまざまなTCPトラフィックについて通信量を最小化し、消費する帯域幅を低減することでスループットを向上。通信高速化に加えて、最低帯域の確保、帯域幅と遅延に優先順位を付けることでサービス品質制御(QoS)を実現する。

 製品ラインアップとして、最適化容量と最適化TCP接続数がそれぞれ異なる、小規模オフィス用モデル、中規模オフィス用モデル、大規模オフィス用モデル/データセンター向けモデルなどを用意。クライアントやサーバ、アプリケーション、ネットワークなどを変更することなく導入できる。

SteelHeadの外観
SteelHeadの外観(リバーベッド提供)
Riverbed SteelHeadの概要
用途と機能WAN経由で実行するアプリケーションやファイル共有を高速化するソリューション
特徴データセンターや拠点に設置したSteelHeadでデータをキャッシュし、差分データだけを送信する重複排除でWANを経由するデータ量を減らし、従来より短い時間でファイルやデータを転送できるようにする。
税別価格要問い合わせ
導入企業センコー、ダイキン工業、ティラド、東洋機械金属、富士通エフ・アイ・ピー、東京マリン、日本ビジネスコンピューターなど

「WAN高速化」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
IAサーバー
UNIXサーバー
コンバージド・ハイパーコンバージド
その他サーバー
ストレージ
スイッチ
無線LAN
ルーター
ロードバランサー
VPN
WAN高速化
その他ネットワーク
サーバー仮想化
コンテナ
SDS/ストレージ仮想化
SDN/ネットワーク仮想化
デスクトップ仮想化
アプリケーション仮想化
その他仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. 進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは
  4. 【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン
  5. 「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]