WAN高速化 リバーベッドテクノロジー

Riverbed SteelHead:WANで実行するアプリケーションやファイル共有を高速化

 リバーベッドテクノロジーの「Riverbed SteelHead」は、WAN経由で実行するアプリケーションやファイル共有を高速化する。WANでつないだ拠点間のコラボレーションの強化のほか、WAN帯域幅の最適化、サーバ統合やクラウド活用の推進、バックアップやレプリケーションの時間短縮などに効果を発揮する。

 データセンターや拠点に設置したSteelHeadでデータをキャッシュし、差分データだけを送信する重複排除でWANを経由するデータ量を減らし、従来より短い時間でファイルやデータを転送できる。バイト単位でキャッシュすることで、集約率と重複データのヒット率を向上。ファイルの一部を修正した場合には、変更部分だけキャッシュし直すので、更新頻度が高いファイルを扱う場合でも高速化できる。

 ファイル共有、メール、FTP、HTTP、HTTPSなどさまざまなTCPトラフィックについて通信量を最小化し、消費する帯域幅を低減することでスループットを向上。通信高速化に加えて、最低帯域の確保、帯域幅と遅延に優先順位を付けることでサービス品質制御(QoS)を実現する。

 製品ラインアップとして、最適化容量と最適化TCP接続数がそれぞれ異なる、小規模オフィス用モデル、中規模オフィス用モデル、大規模オフィス用モデル/データセンター向けモデルなどを用意。クライアントやサーバ、アプリケーション、ネットワークなどを変更することなく導入できる。

SteelHeadの外観
SteelHeadの外観(リバーベッド提供)
Riverbed SteelHeadの概要
用途と機能WAN経由で実行するアプリケーションやファイル共有を高速化するソリューション
特徴データセンターや拠点に設置したSteelHeadでデータをキャッシュし、差分データだけを送信する重複排除でWANを経由するデータ量を減らし、従来より短い時間でファイルやデータを転送できるようにする。
税別価格要問い合わせ
導入企業センコー、ダイキン工業、ティラド、東洋機械金属、富士通エフ・アイ・ピー、東京マリン、日本ビジネスコンピューターなど

関連記事

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
スイッチ
無線LAN
ルータ
ロードバランサ
VPN
WAN高速化
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan