ミドルウェア

MapR:単一障害点排除で可用性向上、独自ファイルシステムのHadoopディストロ

Hadoopの商用ディストリビューション「MapR」は、C/C++で再設計した独自のファイルシステムを採用。メタデータを管理するネームノードを分散して配置、実行単位を管理するジョブトラッカーに高可用性機能を付加するなど単一障害点を排除した。

 MapR Technologiesの「MapR」は、分散並列処理プログラミングフレームワーク「Apache Hadoop」の商用ディストリビューション。高可用性や障害回復、セキュリティ、データ保護などのエンタープライズ向け機能を装備。読み書き可能なNASとしてHadoopに容易にアクセスすることを可能にしている。

 HadoopはApacheのオープンソースプロジェクトで開発を進めている、大規模データを複数のコンピュータ上で分散処理するフレームワーク。MapRは、C/C++で再設計した独自のファイルシステムを採用。ファイルのメタデータを管理するネームノードを分散して配置、実行単位を管理するジョブトラッカーに高可用性機能を付加するなど単一障害点を排除した。

 MapRは、Hadoop分散ファイルシステム(HDFS)と100%バイナリ互換。読み書きできるだけでなく、NFSマウント可能な分散ファイルシステムの機能を提供する。

 アプリケーションごとに複数のクラスタ環境が必要になる、ほかのディストリビューションと異なり、分散ファイルとデータベーステーブルを1つの統合レイヤで処理するように設計されている。

 Hadoopなどで稼働する分散型の列指向NoSQL「Apache HBase」などの操作系アプリケーションと、スキーマフリーのSQLクエリエンジン「Apache Drill」やHadoopにデータウェアハウス環境を構築できる「Apache Hive」、大規模並列処理(Massively Parallel Processing:MPP)のSQLクエリエンジン「Impala」といった解析系アプリケーションを1つのクラスタで実行可能にした。

 MapRの製品には、HadoopデータベースとHadoopディストリビューションを単一基盤で提供する最上位版「MapR M7 Enterprise Database Edition for Hadoop」と、エンタープライズ向けの可用性とデータ保護を実現した標準版「MapR M5 Enterprise Edition」がある。ほかに機能を制限した「MapR M3 Community Edition」が無償で提供されている。

 2015年9月に提供開始したMapR 5.0では、リアルタイム性、セキュリティ、セルフサービス型のデータ検索とアジリティで機能を拡張。HBase互換オペレーショナルデータベースである「MapR-DB」とオープンソースの全文検索エンジン「Elasticsearch」のリアルタイム同期を導入したほか、JSON形式のログファイルを介して包括的に監査できるようにした。

MapRの管理画面
MapRの管理画面(MapR Technologies提供)
MapRの概要
用途と機能ビッグデータアプリケーションのためのHadoopの商用ディストリビューション
特徴高可用性や障害回復、セキュリティ、データ保護などのエンタープライズ向け機能を装備。読み書き可能なNASとしてHadoopに容易にアクセスできるようになっている
税別価格要問い合わせ
発表日MapR 5.0を2015年6月9日に発表(提供開始は2015年9月4日)
導入企業リクルートテクノロジーズ、ぐるなびなど

「ミドルウェア」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
OS
ミドルウェア
アプリケーションサーバー
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス
  4. 「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ
  5. データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]