BI クリックテック・ジャパン

医薬品の帝人ファーマ、BIでMRの活動を効率化--活動実績と実消化の関係を可視化

医薬品メーカーの帝人ファーマは、医療機関や調剤薬局に情報を提供する医薬情報担当者(MR)のデータ活用策としてインメモリ型BIツール「QlikView」を4月から活用している。

 医薬品メーカーの帝人ファーマは、医療機関や調剤薬局に情報を提供する医薬情報担当者(Medical Representatives:MR)のデータ活用策としてビジネスインテリジェンス(BI)ツールを4月から導入した。アシストとクリックテック・ジャパンが12月3日に発表した。

 医薬品の提案から販売までのプロセスでは、MRからの医療機関や調剤薬局への情報提供が重要な起点になる。帝人ファーマでは、自社のMRの活動実績と卸の納入情報を含む実消化データを結びつけて相関を調べたり、分析結果から仮説を導き出したりしてMRの活動に役立てたいというニーズがあり、インメモリ型BIツール「QlikView」を導入。データ分析から得られる仮説や示唆を現場部門にフィードバックする環境を整備できた。

ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. Amazonサービスが鍛え上げた「AWSの機械学習」、実際に使ってみませんか?すぐ導入できるガイド
  2. AIのメリットを引き出す「7つの領域」と「17の活用シーン」
  3. 外資系CRM/SFA導入後たった1年で挫折する企業が多い理由が明らかに!失敗例から成功の秘訣を学べ
  4. 許可されていないクラウドサービスの利用が半数近くにも!調査結果に見るクラウド利用の実態
  5. 調査結果で“はっきり”と差が出た!業績好調企業と不振企業の課題設定と取り組み

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
統計解析
テキストマイニング
ソーシャルメディア分析
BI
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan