スイッチ マクニカネットワークス

大成建設、パケットキャプチャスイッチを採用--トラフィックを監視

大成建設は、トラフィックを監視する複数のネットワーク解析装置やセキュリティ機器を導入しているが、ミラーポート数が足りず、十分な対策を取ることができなかった。

 マクニカネットワークスは12月1日、大成建設へGigamon製パケットキャプチャ用スイッチ製品「GigaVUE」を提供したと発表した。

 GigaVUEは、スイッチのミラーポートやネットワークタップから引き出したラインを集約し、その配下にネットワーク監視装置やセキュリティ機器を接続することで、自由にトラフィックを複製し複数の監視機器に送ることができる。複数のポイントから1つの機器にトラフィックをまとめるといったことも可能だ。

ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 新たな個人データ保護の時代到来!~2018年EU-GDPR施行とその対応~
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  4. セキュリティチーム内の情報連携不足が深刻なリスクに?“脅威インテリジェンス”の活用と自動化で危機回避
  5. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
スイッチ
無線LAN
ルータ
ロードバランサ
VPN
WAN高速化
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan