ロードバランサ A10ネットワークス株式会社

A10 Thunder ADC:負荷分散などの機能を統合、SSLを専用ASICで処理

ロードバランサの「Thunder ADC」は、負荷分散のほかにコンテンツの圧縮機能などを統合している。SSLの暗号化と復号化を専用ASICで処理する「SSLアクセラレーション」なども搭載している。

A10 Thunder ADCのポイント

  • SSLの暗号化と復号化を専用ASICで処理してオフロード
  • 物理的な場所やサイトの稼働状況などから最適なサイトに振り分け
  • 仮想的に複数のパーティションに分割して複数のADCとして稼働可能

A10 Thunder ADCの製品解説

 A10ネットワークスの「A10 Thunder ADC」は負荷分散装置(ロードバランサ)。ウェブアプリケーションが稼働するシステムでアプリケーションのレスポンスを高速化させることからアプリケーション配信制御(Application Delivery Controller:ADC)とも“レイヤー4-7スイッチ”とも呼ばれる。

編集部おすすめの関連記事

 複数のサーバ間でのロードバランシング機能、送受信されるコンテンツの圧縮機能、サーバへの攻撃を遮断するファイアウォール機能、アクセスしてきたクライアント端末の種類(HTTPヘッダ)ごとにサーバを振り分ける機能などを統合している。

 ウェブアプリケーションの応答を高速化させるために「SSLアクセラレーション」機能も搭載。SSLの暗号化と復号化を専用の特定用途向け集積回路(ASIC)で処理する。

 物理的な場所やサイトの稼働状況などを総合的に判断してエンドユーザーを最適なサイトに振り分ける「グローバルサーバロードバランシング(GSLB)」などの機能を搭載する。GSLBは、地域情報データベースに基づく特定地域からのアクセス制御、サイト死活監視によるサイト間の障害切り替えなどの機能も備える。

 1台のThunder ADCを仮想的に複数のパーティションに分割して複数のADCとして稼働させることも可能。それぞれのテナントの設定と管理は別々の組織で担うこともできる。これによって、マルチテナント環境を提供するデータセンターなどでは、今までサービスごとに用意していたADC関連機能を1台に集約できるようになる。

 セキュリティ機能によってコンプライアンスとリスク緩和も実現する。高度な攻撃や新たな攻撃からシステムを保護することで、継続した運用、ブランドの保護、利益損失の回避が可能になるだけでなく、クレジットカード業界のセキュリティ基準「PCI DSS」などの規制も遵守できる。

 機能は専用のアプライアンス製品として提供するほかに、同社が提供する仮想化環境のアプライアンス製品である「Thunder HVA」や「vThunder」に搭載することも可能である

A10 Thunder ADCのまとめ
用途と機能アプリケーションのレスポンスを高速化させるADC
特徴SSLの暗号化と復号化を専用ASICで処理してオフロード。物理的な場所やサイトの稼働状況などから最適なサイトに振り分け。仮想的に複数のパーティションに分割して複数のADCとして稼働可能

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます
  2. サブスクビジネスのカギはCX! ITIL準拠のツールをこう使え
  3. “偽クラウド”のERP使っていませんか?多くの企業のITリーダーの生の声から学ぶ
  4. RPA本格展開のカギは?「RPA導入実態調査レポート」が示す活用の道筋
  5. RPA導入時に見落とされがちな“エンタープライズレベルのセキュリティ”を紐解く

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
スイッチ
無線LAN
ルータ
ロードバランサ
VPN
WAN高速化
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]