SAN フラッシュストレージ 日本ヒューレット・パッカード

HPE 3PAR StoreServ:フラッシュメモリ採用のスケールアウト型SANストレージ

SANでスケールアウト型で運用できる「HPE 3PAR StoreServ」は、オールフラッシュの構成と、フラッシュとHDDのハイブリッド構成があり、独自の技術でデータを半分に圧縮できるという。

 日本ヒューレット・パッカードの「HPE 3PAR StoreServ」は、記憶媒体にフラッシュメモリを採用したストレージ。SAN(ストレージエリアネットワーク)でスケールアウト型で運用できる。

3PAR StoreServ 8400の外観
3PAR StoreServ 8400の外観(HPE提供)

 3PAR StoreServには、企業システムのエントリレベルからハイエンドレベルまでをカバーする3PAR StoreServ 8000シリーズと、データセンターなど超大規模システム向けの3PAR StoreServ 20000シリーズがある。いずれのシリーズにも、全ての記憶媒体をフラッシュメモリとしたオールフラッシュ構成と、ハードディスクドライブ(HDD)をサポートするコンバージドフラッシュアレイ構成の2種類を用意する。

 物理的な最大記憶容量は3PAR StoreServ 8000シリーズが750T~3000Tバイト、3PAR StoreServ 2000シリーズが3932T~6000Tバイト。独自の「シンテクノロジ」を利用した圧縮機能でデータ容量を半分以下に圧縮可能だとしている。同社では、従来型のストレージから3PAR StoreServに移行する顧客に対して、ストレージ容量の50%削減を保障する「3PAR Get Thin Guarantee」プログラムを提供している。

 「HP 3PAR Priority Optimization」ソフトウェアを使用すると、アプリケーションごとにデータ入出力のレイテンシ(遅延)を最短0.5ミリ秒まで設定できる。これによって、多数のアプリケーションを統合するマルチテナント環境でもサービスレベルを維持することが可能になる。

 サポートするOSと仮想化環境は、Microsoft Windows Server、同Hyper-V、HP-UX、Linux、VMware、Oracle Solaris、Citrix XenServer、IBM AIX、HP OpenVMS、Apple OS Xである。

HPE 3PAR StoreServの概要
用途と機能 SAN向けのスケールアウト型ストレージ
特徴 記憶媒体にフラッシュメモリを採用。ハードディスクと混在したモデルとオールフラッシュのモデルを用意
税別価格 エントリモデルの3PAR StoreServ 8200が200万円~
導入企業(ユーザー) ライオン、豊田自動織機、NTTPCコミュニケーションズ

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 新たな個人データ保護の時代到来!~2018年EU-GDPR施行とその対応~
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  4. セキュリティチーム内の情報連携不足が深刻なリスクに?“脅威インテリジェンス”の活用と自動化で危機回避
  5. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
NAS
SAN
フラッシュストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan