BI エンバカデロ・テクノロジーズ合同会社

大企業の多くが間違ったデータで意思決定しているとの調査結果

エンバカデロ・テクノロジーズは、12月1日、「データモデリングとコラボレーション~ビジネスユーザーとデータプロフェッショナルのための考察~」を発表した。

 エンバカデロ・テクノロジーズは12月1日、「データモデリングとコラボレーション~ビジネスユーザーとデータプロフェッショナルのための考察~」との調査結果を発表した。Dimensional Researchが、世界各国のデータ技術者と開発者、ITマネジャー402人を対象に実施したもの。

 これによると、一貫して正しいデータのみを利用していると回答したの企業はわずか13%、一貫してデータを正しく解釈していると回答したのは9%だった。

 この傾向は、特に大企業で顕著となっており、誤ったデータの解釈をしていると回答した大企業の割合は20%に上った。これらの企業ではビジネスステークホルダーが頻繁に間違ったデータを使用して意思決定し、データの解釈を誤っていると回答している。

 エンバカデロ・テクノロジーズでは、このような結果となる主な原因として、データチームと開発チームのコミュニケーション不足を挙げている。このことについて、同調査では55%の経営層がデータチームと開発チームのコミュニケーションが大変重要だと回答しているが、両者のコミュニケーションが良好であると回答した企業はわずか25%だった。

 また、システム開発において各種業務データの利用方法を設定するデータモデリングチームが開発プロジェクトの早い段階から参画しているケースは、半数以下にとどまっているという結果となった。

 同調査では、95%の開発者が良いデータモデルを使用することで、アプリケーションの品質が高まると回答しており、95%のデータに関係する担当者が、開発者がデータモデリングをもっと理解すれば、アプリケーションやデータの品質が向上すると回答している。

 この結果から、エンバカデロ・テクノロジーズは、データモデリングのベストプラクティスの実装が、アプリケーションやデータ品質向上の鍵となると多くの企業で認識されているとしている。

 エンバカデロ・テクノロジーズでは、一貫して正しいデータを利用、解釈できるシステムの開発には、アジャイル開発のプロセスにデータモデリングも含めるアジャイルデータモデリングが有効だと指摘している。

 同調査での回答企業もアジャイルデータモデリングについて、「データの精度と整合性の向上」(52%)、「よりよい協業」(51%)、「アプリケーション間での一貫性の改善」(49%)などのメリットを挙げている。しかし、何らかのアジャイル開発の手法を採用している73%の回答企業の中で、データモデリングもプロセスに含めているのはわずか34%となった。

 その一方で、アジャイルデータモデリングに価値を感じている企業は95%に上ることから、エンバカデロ・テクノロジーズでは、アジャイルデータモデリングがシステム開発において潜在的なニーズとして存在しているとしている。

 同社は、日本企業のシステム開発は、要件がまとまってから仕様をドキュメント化することが多く、結果として実装された要件がビジネスにそぐわず、手戻りが発生するケースがよく見受けられると指摘している。その上で、今回の分析結果から、日本企業も開発段階からデータモデリングの概念、そしてアジャイル開発を取り入れることで、常に正しいデータを維持、利用し、適切な経営判断を行える強い組織体制を構築できるとしている。

関連記事

一緒に見られている製品

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
統計解析
テキストマイニング
ソーシャルメディア分析
BI
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan