スイッチ マクニカネットワークス

大成建設、ネットワークトラフィックを集約するパケットキャプチャー用スイッチ導入

マクニカネットワークスは、大成建設へGigamon社製パケットキャプチャー用スイッチ製品「GigaVUE」を提供したと発表した。

 大成建設がGigamon社製パケットキャプチャー用スイッチ製品「GigaVUE」を採用した。マクニカネットワークスが12月1日に発表した。

 「GigaVUE」は、スイッチのミラーポートやTAPから引き出したラインを集約し、その配下にネットワーク監視装置やセキュリティ機器を接続することで、トラフィックを複製し複数の監視機器に送ることができる。さらに複数のポイントから1つの機器にトラフィックをまとめるといったことも可能としている。


「GigaVUE」 導入構成イメージ(マクニカ提供)

 大成建設グループのITインフラには、主要企業8社、社員2万1000人が利用するシステムが集中しているが、大量のサーバ群を詳細に監視するためには、さまざまなポイントからネットワークトラフィックを取り出したり、あるポイントから取り出したトラフィックを複数の機器で分析したりする必要がある。

 そのため同社では、トラフィックを監視する複数のネットワーク解析装置やセキュリティ機器を導入した。

 しかし、こうした監視、分析作業においてミラーポート数が足りず、十分な対策を取れなかった。また新しいネットワーク解析装置を導入したり検証したりする際に、本番環境を変更しなければならないこともリスクになっていた。

 GigaVUEの導入で、複数のポイントから1つの機器にトラフィックを集約できるようになり、スイッチのミラーポート不足を解消した。また本番環境に影響を与えずに容易に効果の高い検証も可能になったとしている。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 調査結果:働き方改革の実態――働き方改革によって、どんな支障が出るのか?
  2. 調査資料:職場と人事の将来~日本の場合
  3. ニーズが高まるDBaaS、30項目の基準で有力ベンダー13社を調査
  4. AIはホテルの適切な単価も導き出す。さらなる付加価値もコグニティブで。
  5. 既存のアンチウイルスでは防げない脅威にどう立ち向かう?

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
スイッチ
無線LAN
ルータ
ロードバランサ
VPN
WAN高速化
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan