スイッチ マクニカネットワークス

大成建設、ネットワークトラフィックを集約するパケットキャプチャー用スイッチ導入

マクニカネットワークスは、大成建設へGigamon社製パケットキャプチャー用スイッチ製品「GigaVUE」を提供したと発表した。

 大成建設がGigamon社製パケットキャプチャー用スイッチ製品「GigaVUE」を採用した。マクニカネットワークスが12月1日に発表した。

 「GigaVUE」は、スイッチのミラーポートやTAPから引き出したラインを集約し、その配下にネットワーク監視装置やセキュリティ機器を接続することで、トラフィックを複製し複数の監視機器に送ることができる。さらに複数のポイントから1つの機器にトラフィックをまとめるといったことも可能としている。


「GigaVUE」 導入構成イメージ(マクニカ提供)

 大成建設グループのITインフラには、主要企業8社、社員2万1000人が利用するシステムが集中しているが、大量のサーバ群を詳細に監視するためには、さまざまなポイントからネットワークトラフィックを取り出したり、あるポイントから取り出したトラフィックを複数の機器で分析したりする必要がある。

 そのため同社では、トラフィックを監視する複数のネットワーク解析装置やセキュリティ機器を導入した。

 しかし、こうした監視、分析作業においてミラーポート数が足りず、十分な対策を取れなかった。また新しいネットワーク解析装置を導入したり検証したりする際に、本番環境を変更しなければならないこともリスクになっていた。

 GigaVUEの導入で、複数のポイントから1つの機器にトラフィックを集約できるようになり、スイッチのミラーポート不足を解消した。また本番環境に影響を与えずに容易に効果の高い検証も可能になったとしている。

「スイッチ」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
IAサーバー
UNIXサーバー
コンバージド・ハイパーコンバージド
その他サーバー
ストレージ
スイッチ
無線LAN
ルーター
ロードバランサー
VPN
WAN高速化
その他ネットワーク
サーバー仮想化
コンテナ
SDS/ストレージ仮想化
SDN/ネットワーク仮想化
デスクトップ仮想化
アプリケーション仮想化
その他仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス
  4. 「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ
  5. データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]