コンバージド・ハイパーコンバージド デル

Dell XC:分散ファイルと仮想環境をベースにしたハイパーコンバージド基盤

「Dell XC Webスケールコンバージドアプライアンス」は、ストレージOS「NutanixOS」に仮想化環境が組み込んでいる。ノードを追加するだかで性能をスケールアウトできる。

 デルの「Dell XC Webスケールコンバージドアプライアンス(XCシリーズ)」は、仮想化環境を統合したアプライアンス製品。x86サーバ「Dell PowerEdge」にニュータニックスの分散ファイルシステムを搭載した。「ハイパーコンバージドインフラストラクチャ」と呼ばれる分類に属する製品である。

 XCシリーズは、ニュータニックスのストレージOS「NutanixOS(NOS)」に仮想化環境が組み込まれた状態で提供される。ハイパーバイザはVMware ESXi、Microsoft Hyper-V、KVMの中から選択可能。ニュータニックス独自の分散ファイルシステム「NDFS(Nutanix Distributed File System)」を搭載し、RAIDやキャッシュといったストレージ機能、あるいはストレージエリアネットワーク(SAN)やネットワーク接続ストレージ(NAS)といったストレージシステムを別に用意する必要はない。既存の環境に新たにノードを追加するだけで、ストレージを含めてシステムのスケールアウトが可能だ。

 XCシリーズの最小構成は3ノードで、データは最低2ノードに記録される。ノード障害が発生すると、そのノードに記録されていたデータは一時的に保護を失った状態になるが、その場合はデータが別のノードに複製されて自動的に保護された状態を回復する。RAIDアレイのホットスペアのような、空きノードを用意しておく必要はなく、障害が発生したノードの仮想マシンはノード間で移動させることが可能である。分散ファイルシステム上では、ノードをまたいでデータに透過的にアクセスできる。

 用途別に、仮想デスクトップ基盤(VDI)向け、プライベートクラウド向け、データベース&コラボレーション向けという3系列を提供。それぞれの用途に向くように仕様を変えている。

Dell XC 720XD
「Dell XC 720XD」の外観(デル提供)
Dell XC Webスケールコンバージドアプライアンスの概要
用途と機能仮想マシンや仮想ストレージを統合したアプライアンス製品
特徴NutanixOS(NOS)に仮想化環境が組み込まれた状態で提供。ハイパーバイザはVMware ESXi、Microsoft Hyper-V、KVMをサポート。分散ファイルシステムのNDFSを搭載する。ノードを追加するだけで、ストレージを含めてスケールアウトが可能。

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 新たな個人データ保護の時代到来!~2018年EU-GDPR施行とその対応~
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  4. セキュリティチーム内の情報連携不足が深刻なリスクに?“脅威インテリジェンス”の活用と自動化で危機回避
  5. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
IAサーバ
UNIXサーバ
コンバージド・ハイパーコンバージド
その他サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan