ディザスタリカバリ ディザスタリカバリ ネットワールド

NETWORLD CLOUD:災害対策サービスや仮想アプライアンスを提供するIaaS

パブリッククラウドの「NETWORLD CLOUD」は、IaaS「ニフティクラウド」に災害復旧(DR)や仮想アプライアンスなどのサービスを追加している。

 ネットワールドの「NETWORLD CLOUD」は、ニフティが提供する「ニフティクラウド」に独自のサービスメニューを追加したパブリッククラウドである。ニフティクラウドは、ヴイエムウェアの仮想化環境でゲストOSにLinuxとWindowsをサポートするIaaS。ネットワールドが、災害復旧(DR)や仮想化環境を統合した「バーチャルアプライアンス」などのサービスを追加する。

 DRサービスは、ニフティからOEM供給を受ける「VMware vCloud Air Technology」をベースとしている。これは、オンプレミスのヴイエムウェアの仮想化環境上で稼働する本番系システムのデータをクラウド上の待機系システムに複製する機能を提供。ヴイエムウェアが提供する仮想化環境の複製技術「vSphere Replication」を活用することで、ファイルだけでなくデータベース上のデータを含めて、差分データのみを複製する。本番系システムに障害が発生した場合は、クラウド上の待機系システムに処理を引き継げる。

 このほかにもDRサービスとして、ネットアップのストレージを対象とした複製機能「DRサービス for NetApp」、アクティフィオのバックアップ機能を利用した「Actifio DRサービス」などのメニューを用意する。

 バーチャルアプライアンスは、インターネット関連のアプライアンス製品をクラウド上の仮想化環境で提供するサービス。現在、同社が販売しているF5ネットワークスやバラクーダネットワークス、トライポッドワークスなどのアプライアンス製品が対象になるとみられる(2015年11月時点)。

NETWORLD_CLOUD
NETWORLD_CLOUDが提供するDRサービス(ネットワールド提供)
NETWORLD CLOUDの概要
用途と機能災害復旧(DR)などの機能を強化したIaaS
特徴ニフティクラウドに独自のサービスを追加して提供するパブリッククラウド
税別価格仮想CPUが1基、メモリ512Mバイトの最小構成で月額2210円、これに従量料金としてシステム停止時に1時間あたり4円、稼働時に同3円が追加される

「ディザスタリカバリ」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
運用管理
資産管理
MDM
バックアップ
ディザスタリカバリ
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版
  2. AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック
  3. DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言
  4. ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編
  5. テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]