ディザスタリカバリ ディザスタリカバリ ネットワールド

NETWORLD CLOUD:災害対策サービスや仮想アプライアンスを提供するIaaS

パブリッククラウドの「NETWORLD CLOUD」は、IaaS「ニフティクラウド」に災害復旧(DR)や仮想アプライアンスなどのサービスを追加している。

 ネットワールドの「NETWORLD CLOUD」は、ニフティが提供する「ニフティクラウド」に独自のサービスメニューを追加したパブリッククラウドである。ニフティクラウドは、ヴイエムウェアの仮想化環境でゲストOSにLinuxとWindowsをサポートするIaaS。ネットワールドが、災害復旧(DR)や仮想化環境を統合した「バーチャルアプライアンス」などのサービスを追加する。

 DRサービスは、ニフティからOEM供給を受ける「VMware vCloud Air Technology」をベースとしている。これは、オンプレミスのヴイエムウェアの仮想化環境上で稼働する本番系システムのデータをクラウド上の待機系システムに複製する機能を提供。ヴイエムウェアが提供する仮想化環境の複製技術「vSphere Replication」を活用することで、ファイルだけでなくデータベース上のデータを含めて、差分データのみを複製する。本番系システムに障害が発生した場合は、クラウド上の待機系システムに処理を引き継げる。

 このほかにもDRサービスとして、ネットアップのストレージを対象とした複製機能「DRサービス for NetApp」、アクティフィオのバックアップ機能を利用した「Actifio DRサービス」などのメニューを用意する。

 バーチャルアプライアンスは、インターネット関連のアプライアンス製品をクラウド上の仮想化環境で提供するサービス。現在、同社が販売しているF5ネットワークスやバラクーダネットワークス、トライポッドワークスなどのアプライアンス製品が対象になるとみられる(2015年11月時点)。

NETWORLD_CLOUD
NETWORLD_CLOUDが提供するDRサービス(ネットワールド提供)
NETWORLD CLOUDの概要
用途と機能災害復旧(DR)などの機能を強化したIaaS
特徴ニフティクラウドに独自のサービスを追加して提供するパブリッククラウド
税別価格仮想CPUが1基、メモリ512Mバイトの最小構成で月額2210円、これに従量料金としてシステム停止時に1時間あたり4円、稼働時に同3円が追加される

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 間違ったバックアップ方法では、ランサムウェアからデータを守れない!-仮想テープライブラリーという選択
  2. 今まさにコグニティブの夜明け―データを活用し洞察力を高めた先駆者に学ぶ
  3. システム開発の革新―IBM Watsonを活用した次世代の超高速開発の衝撃
  4. 調査報告:Windows Server 2016の新機能で実現するハイパーコンバージド・インフラ
  5. リスク急増!広がる「BYOC(個人用クラウドの持ち込み)」ほか、頭の痛いネットワークの課題を考える

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
運用管理
資産管理
MDM
バックアップ
ディザスタリカバリ
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan