RDBMS NoSQL その他データベース DWH ETL EAI/ESB

社内のビッグデータ整理に適用する3つのベストプラクティス

ビッグデータのサイズの違いを理解すれば、ストレージ容量と演算能力に対するIT投資の内容が決めやすくなるだろう。

 ビッグデータはサイズが膨大なため、企業のIT担当者はデータを分類して配信したり、不要なデータを削除したりする方法を見出す必要がある。既存のITプラクティスでもビッグデータ管理に適用可能なものは数多いが、ビッグデータと従来のトランザクショナルデータには無視できない違いが存在する。

 もっとも顕著な相違は、データの構造だ。従来型トランザクショナルデータが特別な処理なしで容易にデータ管理できるよう固定長レコードで構造化されているのに対し、ビッグデータにはあらゆる形式とサイズのデータが含まれる。

ビッグデータのサイズの違いを理解する

残り本文:約1674文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【楽天・富士通 座談会抄録】ビジネスはデータドリブンの時代--DBの性能に限界を感じていませんか?
  2. SQL Server 2017 AI Appliance で実現するビジネスの破壊的変革
  3. ITRレポート:主要ベンダーのAIサービスを一挙比較!踊らされないAI活用で事業を広げるコツ
  4. 今後増加しそうな「名ばかり機械学習 セキュリティ」を見極める3条件--どれが欠けてもダメ
  5. 爆発的な量のデータを活かすには、AIのチカラが不可欠

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
RDBMS
NoSQL
その他データベース
DWH
ETL
EAI/ESB
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan