RDBMS NoSQL その他データベース DWH ETL EAI/ESB

社内のビッグデータ整理に適用する3つのベストプラクティス

ビッグデータのサイズの違いを理解すれば、ストレージ容量と演算能力に対するIT投資の内容が決めやすくなるだろう。

 ビッグデータはサイズが膨大なため、企業のIT担当者はデータを分類して配信したり、不要なデータを削除したりする方法を見出す必要がある。既存のITプラクティスでもビッグデータ管理に適用可能なものは数多いが、ビッグデータと従来のトランザクショナルデータには無視できない違いが存在する。

 もっとも顕著な相違は、データの構造だ。従来型トランザクショナルデータが特別な処理なしで容易にデータ管理できるよう固定長レコードで構造化されているのに対し、ビッグデータにはあらゆる形式とサイズのデータが含まれる。

ビッグデータのサイズの違いを理解する

残り本文:約1674文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 本質的なコスト削減とアジリティ向上は“サーバーレスアプローチ”無くして実現不可能
  2. チームコラボレーションはなぜ失敗する?ファイル共有3つの「あるある」から解決策を探る
  3. Dropboxと社内のファイルサーバーを共存! 低コストで効率的なファイルマネジメントを実現する
  4. ビジネスを変えるAIと変えないAIの違いとは?業務で“使える”AIのかたちを動画で解説
  5. 機械学習は敷居が高い?使い慣れたSQLを使い、手間をかけずに大量データを分析

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
RDBMS
NoSQL
その他データベース
DWH
ETL
EAI/ESB
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]