IRM デジタルアーツ

FinalCode:外部にあるファイルを後から消せる暗号化ソフト、権限情報も管理

ファイル暗号化ソフトの「FinalCode」は、ファイル単位で閲覧権限を設定するほか、ファイルの閲覧、編集などの利用状況を追跡したり、リモート操作でファイルを消去したりできる。

 デジタルアーツの「FinalCode」は、AES(256ビット)準拠の暗号化技術を用いて、パスワードレスでファイルを暗号化するセキュリティソフトウェアである。暗号化の際に、閲覧可能者と閲覧権限をファイル単位で設定。ファイルの閲覧、編集などの利用状況を追跡したり、リモート操作でファイルを消去したりできる。

 ファイルを暗号化、閲覧するクライアントソフト「FinalCode Client」と、ファイルの権限情報などを管理するサーバソフト「FinalCode Server」で構成する。ファイルの送り手が権限の設定とファイルの暗号化をして相手先に送付すると、ファイルの受け取り手はサーバからアクセス許可を得てファイルを復号して閲覧する仕組みである。

 閲覧者を指定してファイルを暗号化するので、閲覧権限のないエンドユーザーの手に暗号化ファイルが渡っても情報漏えいのリスクがない。さらに、暗号化ファイルの操作履歴や開封履歴を管理画面で確認できるため、ファイルの行方を管理、把握できる。暗号化ファイルに対して、後からリモートで閲覧権限や操作権限を変更したり、暗号化ファイルそのものを消去したりすることも可能である。

 FinalCodeが指定する「動作検証済みアプリケーション」だけで暗号化ファイルを閲覧できるホワイトリスト方式を採用。また、画面キャプチャやアップローダーなど特定のアプリケーションの起動を禁止すると同時に、画面キャプチャなどのAPI起動を禁止することでスクリーンショットなどによる情報漏えいを防ぐ。動作検証済みアプリケーションには、Microsoft Excel、Word、PowerPoint、OpenOffice、LibreOffice、Adobe Reader、Acrobatなどがある。

 同社が運用するデータセンターで稼働するFinalCode Serverを使ったクラウド版「FinalCode ASP」と、エンドユーザーの自社環境でFinalCode Serverを稼働させるオンプレミス版「FinalCode Enterprise」がある。FinalCode ASPでは、FinalCode Clientで暗号化ファイルを作成するエンドユーザーのみが課金対象となり、暗号化ファイルの閲覧専用ソフトの「FinalCode Viewer」や「FinalCode Reader」を無償で提供する。

 最新版のFinalCode Ver.5が10月に発表された。共有フォルダ内のファイルを自動暗号化できる機能とともに、組織構造や役職、役割に応じてセキュリティポリシーを柔軟に設計できる機能が強化された。セキュリティ管理者が、組織全体に対してトップダウンで効果的かつ効率的なセキュリティガバナンスを確立できる。

FinalCodeの画面
FinalCodeの画面(デジタルアーツ提供)
FinalCodeの概要
用途と機能AES(256ビット)準拠の暗号化技術を用いて、パスワードレスでファイルを暗号化するセキュリティソフトウェア
特徴暗号化の際に閲覧可能者と閲覧権限をファイル単位で設定。ファイルの閲覧、編集などの利用状況を追跡したり、リモート操作でファイルを消去したりできる
税別価格FinalCode ASPが10ライセンス年額25万円から
発表日FinalCode Ver.5が2015年10月28日(提供開始は2016年1月11日)
導入企業ユーリアコーポレーション、東光社、社会保険労務士 小泉事務所、技研製作所、パイオニアサービスネットワーク、gloops、近畿大学医学部附属病院、など

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 間違ったバックアップ方法では、ランサムウェアからデータを守れない!-仮想テープライブラリーという選択
  2. 今まさにコグニティブの夜明け―データを活用し洞察力を高めた先駆者に学ぶ
  3. システム開発の革新―IBM Watsonを活用した次世代の超高速開発の衝撃
  4. 調査報告:Windows Server 2016の新機能で実現するハイパーコンバージド・インフラ
  5. リスク急増!広がる「BYOC(個人用クラウドの持ち込み)」ほか、頭の痛いネットワークの課題を考える

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan