IRM 暗号化 デジタルアーツ

FinalCode:後から権限変更できるファイル暗号化ソフト--フォルダも暗号化

ファイル暗号化ソフト「FinalCode」は、利用状況の追跡や遠隔削除もできる。印刷や画面に透かしを入れることも可能。ファイルサーバ上の共有フォルダも自動で暗号化できる。

FinalCodeのポイント

  • 暗号化ファイルはダブルクリックすれば、制御された状態で閲覧、編集
  • 印刷や画面に透かし、クライアントソフトがなくてもブラウザで閲覧
  • フォルダそのものを暗号化する「セキュアコンテナ」機能も搭載

FinalCodeの製品解説

 デジタルアーツの「FinalCode」は、AES(256ビット)準拠の暗号化技術をベースにしたファイル暗号化ソフトウェア。複数の権限オプションでファイルの操作権限を設定できる。

編集部おすすめの関連記事

 ファイルの暗号化時に閲覧できる相手を設定して画面キャプチャやコピー&ペースト、印刷などの操作を制限できる。不正な持ち出しや勝手な共有、無断転送、誤送信などから権限のない人間の手元にあっても情報の漏洩を防止できる。ファイルの閲覧権限はいつでも自由に変更できるため、権限のあるエンドユーザーから外部に持ち出してもあとから権限をなくすことができる。

 暗号化作業はファイルのドラッグ&ドロップだけで完了。エンドユーザー自身が自動暗号化フォルダを設定して、暗号化設定のテンプレートを割り当てておけば、フォルダにファイルが保存されると同時にファイルは暗号化される。暗号化ファイルはダブルクリックすれば、制御された状態で閲覧、編集できる。パスワードの入力は不要。

 ファイルサーバ上の共有フォルダを自動で暗号化することも可能。ファイルが格納された時点で自動で暗号化される。文書管理システムやファイル転送システムなどの外部システムから暗号化と復号の機能をコールできる実行形式のFinalCode APIも提供されている。システムが自動で暗号化するのでエンドユーザーは意識することなく利用できる。

 印刷時に透かしを入れたり、ファイルの閲覧時に画面上に透かしを入れたりすることも可能。閲覧者を特定する透かしが入ることで機密情報が表示されている画面をデジタルカメラやスマートフォンで撮影されるような情報漏洩対策としても活用できる。

 共有フォルダ自動暗号化はファイルそれぞれを暗号化するが、フォルダそのものを暗号化する「セキュアコンテナ」機能も搭載する。暗号化されたコンテナ内のフォルダやファイルは専用のファイラで閲覧、操作する。各ファイルは設定された権限の範囲内で操作でき、ファイル同士の連携も可能。

 「ブラウザビュー」機能も搭載されている。社外に暗号化ファイルに送信したときにFinalCodeのクライアントソフトがなくても、ブラウザで暗号化ファイルを閲覧できる。社外のユーザーはワンタイムパスワードで認証され、暗号化ファイルを閲覧するユーザーを特定できる。

 暗号化されたファイルの操作履歴や開封履歴は管理画面で確認できる。違反操作や権限のないエンドユーザーの不正操作があった場合は、通知メールを送信することも可能。

 権限設定では、組織階層を定義できる。Active Directory(AD)と連携して、FinalCodeの組織階層をADのOrganizational Unit(OU)で定義可能。ADに設定されているメールアドレスやメーリングリスト、OU、セキュリティグループに加えてアカウントを指定可能。メールアドレスを持っていないエンドユーザーも暗号化ファイルを操作できる。

 管理者権限をシステム担当に集約してエンドユーザーはテンプレートやフォルダ自動暗号化機能を利用するだけという管理体制を構築可能。管理者権限を部門ごとの担当者に委譲して、管理者を複数人立てる体制にもできる。管理者は各エンドユーザーに権限レベルを割り当てて、暗号化作業を統制できる。

 製品ラインアップは「Express Edition」「Enterprise Edition」「自治体限定版」の3つ。Expressは個別ファイルの暗号化やローカルフォルダの自動暗号化の基本機能を1ライセンス税別月額1000円で利用可能。EnterpriseはExpressの機能に加えてリモートでの権限変更やログ管理など大規模環境での運用管理に必要な機能を搭載する。

 運用形態はSaaS版とオンプレミスでの仮想アプライアンス(Virtual Appliance:VA)がある。SaaS版はクライアントソフトウェアの「FinalCode Client」をPCにインストールするだけで利用可能。VA版は、VMware ESXiとHyper-Vの仮想マシンとしてサーバソフトウェア「FinalCode Server」をインストール、FinalCode Clientでファイルを暗号化、復号する。

FinalCodeのまとめ
用途と機能利用状況の追跡や遠隔削除もできるファイル暗号化ソフト
特徴ファイルサーバ上の共有フォルダを自動で暗号化。外部システムから暗号化と復号の機能をコールできる実行形式のFinalCode APIも提供。暗号化されたファイルの操作履歴や開封履歴は管理画面で確認

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. Docker、Kubernetesがもたらす IT業界の一大変革
  2. 今さら聞けない? Dockerコンテナ入門
  3. AWSが解説!クラウド移行で失敗しないためのベストプラクティスと戦略─「6つのR」とは
  4. 【ZDnet Japan調査】情報システム部門200名への調査から見る「攻めのIT戦略のリアル」
  5. 【公式資料】AWS移行実践!大規模なクラウド化はこうすれば始められる

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]