WAN高速化

RAPICOM:キャッシュレス技術でWANを高速化--クラウド環境のレスポンスを改善

WAN高速化製品の「RAPICOM」は、独自開発の技術でTCP/IPの通信を高速化してクラウド環境のレスポンスを改善できる。アプライアンスとソフトウェアの形態で導入できる。

 クレアリンクテクノロジーの「RAPICOM」は、広域通信網(WAN)や仮想私設網(VPN)などのネットワークに接続することでTCP/IPの通信を高速化し、ウェブアプリケーションの性能や映像会議の品質を向上する。製品の提供形態はアプライアンスとソフトウェアがある。

 TCP/IP通信の主な劣化要因として、ネットワーク遅延とパケットロスがある。RAPICOMは、独自開発の高速化技術を用いて回線容量を最大限に活用し、通信速度の低下を防いでいる。キャッシュレスのWAN高速化技術によって、従来のキャッシュ型WAN高速化製品では改善が難しい、初めてアクセスするデータも高速化できる。

 多くの場合、既存のネットワーク構成を変更することなく導入できる点も特徴だ。サービス品質制御(QoS)装置やファイアウォールなどの既存資産をそのまま使用できるため、設定変更や機器の増設、再購入などのコストが発生しない。

 専用ハードウェアとして実装したアプライアンス製品「RAPICOM appliance」と、専用ハードウェア不要のソフトウェア製品「RAPICOM seed」がある。ベストエフォート型VPNサービスの品質向上やクラウド環境におけるレスポンス改善、事業継続計画(BCP)対策用バックアップ回線の有効活用、海外拠点との低コストでの帯域確保など、さまざまな用途で導入事例がある。

RAPICOM appliance
RAPICOM applianceの外観(クレアリンクテクノロジー提供)
RAPICOMの概要
用途と機能通信回線を最適化するWAN高速化製品
特徴独自開発の高速化技術を用いて回線容量を最大限に活用し、通信速度の低下を防ぐ。キャッシュレスのWAN高速化技術によって、従来のキャッシュ型WAN高速化製品では改善が難しい、初めてアクセスするデータの高速化も可能
クライアント環境Windows 7/8/8.1(RAPICOM seedの場合)
サーバ環境Windows Server 2008/2012(RAPICOM seedの場合)
発表日アプライアンスのRAPICOM V3.0シリーズが2014年1月27日、RAPICOM seedが2015年3月24日

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 調査結果:働き方改革の実態――働き方改革によって、どんな支障が出るのか?
  2. どこから解消すれば良い?中小企業の永遠の課題「3つの不足」へのアプローチ
  3. ニーズが高まるDBaaS、30項目の基準で有力ベンダー13社を調査
  4. AI×人間の相乗効果 IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  5. AIはホテルの適切な単価も導き出す。さらなる付加価値もコグニティブで。

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
スイッチ
無線LAN
ルータ
ロードバランサ
VPN
WAN高速化
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan