WAN高速化

RAPICOM:キャッシュレス技術でWANを高速化--クラウド環境のレスポンスを改善

WAN高速化製品の「RAPICOM」は、独自開発の技術でTCP/IPの通信を高速化してクラウド環境のレスポンスを改善できる。アプライアンスとソフトウェアの形態で導入できる。

 クレアリンクテクノロジーの「RAPICOM」は、広域通信網(WAN)や仮想私設網(VPN)などのネットワークに接続することでTCP/IPの通信を高速化し、ウェブアプリケーションの性能や映像会議の品質を向上する。製品の提供形態はアプライアンスとソフトウェアがある。

 TCP/IP通信の主な劣化要因として、ネットワーク遅延とパケットロスがある。RAPICOMは、独自開発の高速化技術を用いて回線容量を最大限に活用し、通信速度の低下を防いでいる。キャッシュレスのWAN高速化技術によって、従来のキャッシュ型WAN高速化製品では改善が難しい、初めてアクセスするデータも高速化できる。

 多くの場合、既存のネットワーク構成を変更することなく導入できる点も特徴だ。サービス品質制御(QoS)装置やファイアウォールなどの既存資産をそのまま使用できるため、設定変更や機器の増設、再購入などのコストが発生しない。

 専用ハードウェアとして実装したアプライアンス製品「RAPICOM appliance」と、専用ハードウェア不要のソフトウェア製品「RAPICOM seed」がある。ベストエフォート型VPNサービスの品質向上やクラウド環境におけるレスポンス改善、事業継続計画(BCP)対策用バックアップ回線の有効活用、海外拠点との低コストでの帯域確保など、さまざまな用途で導入事例がある。

RAPICOM appliance
RAPICOM applianceの外観(クレアリンクテクノロジー提供)
RAPICOMの概要
用途と機能通信回線を最適化するWAN高速化製品
特徴独自開発の高速化技術を用いて回線容量を最大限に活用し、通信速度の低下を防ぐ。キャッシュレスのWAN高速化技術によって、従来のキャッシュ型WAN高速化製品では改善が難しい、初めてアクセスするデータの高速化も可能
クライアント環境Windows 7/8/8.1(RAPICOM seedの場合)
サーバ環境Windows Server 2008/2012(RAPICOM seedの場合)
発表日アプライアンスのRAPICOM V3.0シリーズが2014年1月27日、RAPICOM seedが2015年3月24日

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

「WAN高速化」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
IAサーバー
UNIXサーバー
コンバージド・ハイパーコンバージド
その他サーバー
ストレージ
スイッチ
無線LAN
ルーター
ロードバランサー
VPN
WAN高速化
その他ネットワーク
サーバー仮想化
コンテナ
SDS/ストレージ仮想化
SDN/ネットワーク仮想化
デスクトップ仮想化
アプリケーション仮想化
その他仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWS、Microsoft、Googleがリード!パブリッククラウドコンテナプラットフォーム市場分析
  2. ウィズコロナ時代はあと2年は続く?!アフターデジタル時代の4つの重要ポイント
  3. 2021年のサイバー脅威予測が明らかに─将来の攻撃に企業はいかに備えるべきか
  4. “テレワークだからこそ”デスクトップPCを利用すべき?!ノートPCにはない魅力の数々に迫る
  5. 7つの視点で解説するデータベース構築・運用ー誰でもわかるSQL Serverストレージガイド

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]