BI AWS

Amazon QuickSight:既存RDBMSにも対応のセルフサービス型BIサービス

「Amazon QuickSight」は、セルフサービスでデータを分析できるサービス。並列処理とインメモリ処理の技術を生かした独自の計算エンジンを備える。

 Amazon Web Services(AWS)の「Amazon QuickSight」は、セルフサービス型のビジネスインテリジェンス(BI)サービスである。ログイン後にデータソースを指定するかアップロードするだけで、データを動的に最適化して可視化する仕組みとなっている。

 データウェアハウス「Amazon Redshift」、リレーショナルデータベース「Amazon Relational Database Service(RDS)」「Amazon Aurora」、Hadoopをベースにデータを分析する「Amazon Elastic MapReduce(EMR)」、分散型KVS「Amazon DynamoDB」、オブジェクトストレージ「Amazon Simple Storage Service(S3)」、ストリーミング処理「Amazon Kinesis」といったデータサービスと連携し、データを高速に分析、可視化する。「Oracle Database」「Microsoft SQL Server」「MySQL」「PostgreSQL」、フラットファイルにも対応しており、「Salesforce」などの外部サービスのデータも利用できる。

 データを迅速に可視化するために、並列処理とインメモリ処理の技術を生かした計算エンジン「SPICE(Super-fast, Parallel, In-memory Calculation Engine)」を独自を独自設計。データソースを接続して表とフィールド(列)を選択すると、適切だと考えられるグラフを推奨し、複数の図を組み合わせたレポートを作成、作成した図を共有といったことなどができる。

 Standard EditionとEnterprise Editionがある。Enterprise Editionは、Standard Editionの機能に加えて、最大2倍のスループットや詳細なアクセスコントロール、データの暗号化、Active Directoryとの連携などの機能を有する。従来のオンプレミス環境と比較して10分の1の費用で利用可能だとしている。

 同社は10月、QuickSightのプレビュー版を一部の利用者向けに提供を開始した。US East (北バージニア)、US West(オレゴン)、欧州(アイルランド)の各リージョンの順に展開し、2016年に正式公開の予定となっている。

Amazon QuickSight
Amazon QuickSightの画面(Amazon Web Services提供)
Amazon QuickSightの概要
用途と機能クラウドで提供するセルフサービス型のBIサービス
特徴ログイン後にデータソースを指定するかアップロードするだけで、データを動的に最適化して可視化する。並列処理とインメモリ処理の技術を生かし独自のた計算エンジンを搭載。多種多様なデータソースに対応する
税別価格Standard Editionがユーザーあたり月額12ドル
Enterprise Editionがユーザーあたり月額24ドル、など
発表日2015年10月7日

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. SQL Server 2017 AI Appliance で実現するビジネスの破壊的変革
  2. 【楽天・富士通 座談会抄録】ビジネスはデータドリブンの時代--DBの性能に限界を感じていませんか?
  3. 「情報通信白書」でわかった、テレワークの効果と課題
  4. 今後増加しそうな「名ばかり機械学習 セキュリティ」を見極める3条件--どれが欠けてもダメ
  5. 爆発的な量のデータを活かすには、AIのチカラが不可欠

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
統計解析
テキストマイニング
ソーシャルメディア分析
BI
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan