ERP SCSK

ProActive E2:リアルタイムにデータを更新する国産ERP--SaaSも提供

国産ERPパッケージソフトの「ProActive E2」は、人事給与、資産管理、販売管理、購買管理、管理会計などの機能を使える。

 SCSKの「ProActive E2」は、人事給与、資産管理、販売管理、購買管理、管理会計などの機能を提供する統合基幹業務(ERP)パッケージソフトだ。中堅企業を中心に5500社の導入実績がある。

 ProActive E2は、データが新しく更新された場合、関係するデータを全てリアルタイムで更新する。バッチ処理などを実行して集計する必要がなく、常に最新のデータを参照可能であるため、財務会計と同時に“意思決定のための分析”といった管理会計にも利用できる。

 これまでに導入した企業からの要望などを受け、パッケージの標準機能を数多く備えている。幅広い業種や規模の企業が、追加開発をすることなく利用を始められるとしている。またパッケージの全ての機能を導入するだけでなく、財務会計のみや固定資産のみ、といった具合にシステム単位での導入が可能だ。

 SaaSで利用する「ProActive for SaaS」も提供している。セキュアなプライベートクラウド環境の「Premiumモデル」と、共通データベースを用いて価格を抑えたマルチテナント環境の「Standardモデル」の2つがある。

ProActive E2の概要
用途と機能中堅企業向けの国産ERPパッケージ
特徴人事給与、資産管理、販売管理、購買管理、管理会計などの機能を提供。SaaS形式でも提供
導入企業タワーレコード、モスフードサービス

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?
  2. 経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?
  3. HCIのメリットを最大限生かすには?導入後の“ギャップ”を軽減する最適解
  4. AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法
  5. 対談:「2025年の崖」とクラウドによるデータ活用の可能性

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
ERP
会計ソフト
経費精算・旅費精算
帳票管理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]