運用管理 ゾーホージャパン

ManageEngine OpManager:エージェントレスの統合監視ツール、性能も監視

統合監視ツールの「ManageEngine OpManager」は、物理サーバや仮想サーバ、ネットワーク機器などの運用をエージェントレスで監視できる。プラグインでアプリケーションの性能も監視できる。

 ゾーホージャパンの「ManageEngine OpManager」は、物理サーバや仮想サーバ、ネットワーク機器などの運用を監視するツールだ。対象サーバにエージェントソフトをインストールする必要がないため、導入時のシステム停止やサーバごとのインストール作業も不要である。

 ネットワーク監視には、標準的に使用されているプロトコルであるSNMPを利用する。WMI(Windows Management Instrumentation)、Telnet、SSHを用いたリソース情報の収集、監視もできる。

 「Basic Edition」「Essential Edition」「Large Enterprise Edition」「Enterprise Edition」の4つのエディションがある。Enterprise Editionでは、分散構成での監視が可能だ。監視の対象となる各拠点にプローブサーバを設置し、拠点ごとに監視、障害管理する。セントラルサーバに重要な情報を集め、データを一括して把握できる。

 アプリケーション監視向けの「APMプラグイン」をインストールすることで、OpManagerの統合コンソール上でOracle Database、Microsoft SQL Server、PostgreSQL、Apache、IIS、Tomcatなどのパフォーマンスを監視できる。Amazon Elastic Compue Cloud(EC2)とAmazon Relational Database Service(RDS)といったパブリッククラウドのパフォーマンス監視にも対応している。

ManageEngine OpManager
ManageEngine OpManagerの画面(ゾーホージャパン提供)
ManageEngine OpManagerの概要
用途と機能サーバとネットワークの統合監視ツール
特徴物理サーバや仮想サーバの両方に対応。対象サーバにエージェントソフトをインストールする必要がない
税別価格保守サポート料込みの年間ライセンスは23万4000円から
無期限の製品ライセンスと1年間の保守サポート料込みの通常ライセンスは51万9000円から
導入企業福岡ソフトバンクホークス、トラスコ中山、など

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. AIのメリットを引き出す「7つの領域」と「17の活用シーン」
  2. Amazonサービスが鍛え上げた「AWSの機械学習」、実際に使ってみませんか?すぐ導入できるガイド
  3. 外資系CRM/SFA導入後たった1年で挫折する企業が多い理由が明らかに!失敗例から成功の秘訣を学べ
  4. 「残業するな」は、働き方改革には逆効果!?正しいアプローチとは
  5. 日本語Wikipedia全件データの100倍?!1億文書の検索システムをつくってみた~その結果…

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
運用管理
資産管理
MDM
バックアップ
ディザスタリカバリ
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan