フラッシュストレージ IDC Japan

日本でもオールフラッシュアレイ市場が急速に立ち上がる:IDC調査

 IDC Japanは11月24日、国内エンタープライズストレージシステム(外付型ストレージとサーバ内蔵型ストレージの合計)のメディアタイプ別市場実績と2019年までの予測を発表した。

 IDCではエンタープライズストレージシステムについて、ファイバチャネル(FC)やSASのインターフェースで回転数が1分間に1万回転以上のハードディスクドライブ(HDD)を搭載した「性能最適化(Performance optimized)」、インターフェースがSATAやSASで7200回転以下の回転数のHDDの「容量最適化(Capacity optimized)」、フラッシュメモリなどのソリッドステートストレージを搭載し、主に高速な書き込みと読み込みが必要とされる用途で利用される「I/O優先(I/O intensive)」の3つのメディアタイプに分類し市場実績を調査、予測している。

 I/O優先ストレージの2014年の売上額は前年比58.1%増の137億8000万円、2015年は同42.5%増の196億3600万円が見込まれるという。I/O優先ストレージの2014~2019年の年平均成長率(CAGR)は27.1%で、2019年には457億4500万円に達すると予測している。

残り本文:約1166文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
NAS
SAN
フラッシュストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan