フラッシュストレージ ストレージ IDC Japan

日本でもオールフラッシュアレイ市場が急速に立ち上がる:IDC調査

国内エンタープライズストレージシステム市場の2014~2015年の大きな特徴としては、フラッシュデバイスのみを搭載したオールフラッシュアレイ(AFA)の市場が国内でも急速に立ち上がってきたことが挙げられる。

 IDC Japanは11月24日、国内エンタープライズストレージシステム(外付型ストレージとサーバ内蔵型ストレージの合計)のメディアタイプ別市場実績と2019年までの予測を発表した。

 IDCではエンタープライズストレージシステムについて、ファイバチャネル(FC)やSASのインターフェースで回転数が1分間に1万回転以上のハードディスクドライブ(HDD)を搭載した「性能最適化(Performance optimized)」、インターフェースがSATAやSASで7200回転以下の回転数のHDDの「容量最適化(Capacity optimized)」、フラッシュメモリなどのソリッドステートストレージを搭載し、主に高速な書き込みと読み込みが必要とされる用途で利用される「I/O優先(I/O intensive)」の3つのメディアタイプに分類し市場実績を調査、予測している。

 I/O優先ストレージの2014年の売上額は前年比58.1%増の137億8000万円、2015年は同42.5%増の196億3600万円が見込まれるという。I/O優先ストレージの2014~2019年の年平均成長率(CAGR)は27.1%で、2019年には457億4500万円に達すると予測している。

残り本文:約1166文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. EDR導入を絶対に失敗したくない人に贈る、セキュリティ対応の5つ課題とEDR選定の11のポイント
  2. AIと位置情報でユーザー体験を高度化 - スマートデバイス時代にふさわしい無線LANサービスとは
  3. AWS公式提供!サーバレスアプリケーション設計・構築・運用のノウハウ
  4. AWSが公式解説!コンテナ化されたマイクロサービスを実装するための12要素のアプリパターン
  5. メインフレームとクラウドネイティブが融合! ハイブリッドクラウド時代をリードするLinux基盤の実力

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
NAS
SAN
フラッシュストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]