ストレージ IDC Japan

日本でもオールフラッシュアレイ市場が急速に立ち上がる:IDC調査

国内エンタープライズストレージシステム市場の2014~2015年の大きな特徴としては、フラッシュデバイスのみを搭載したオールフラッシュアレイ(AFA)の市場が国内でも急速に立ち上がってきたことが挙げられる。

 IDC Japanは11月24日、国内エンタープライズストレージシステム(外付型ストレージとサーバ内蔵型ストレージの合計)のメディアタイプ別市場実績と2019年までの予測を発表した。

 IDCではエンタープライズストレージシステムについて、ファイバチャネル(FC)やSASのインターフェースで回転数が1分間に1万回転以上のハードディスクドライブ(HDD)を搭載した「性能最適化(Performance optimized)」、インターフェースがSATAやSASで7200回転以下の回転数のHDDの「容量最適化(Capacity optimized)」、フラッシュメモリなどのソリッドステートストレージを搭載し、主に高速な書き込みと読み込みが必要とされる用途で利用される「I/O優先(I/O intensive)」の3つのメディアタイプに分類し市場実績を調査、予測している。

 I/O優先ストレージの2014年の売上額は前年比58.1%増の137億8000万円、2015年は同42.5%増の196億3600万円が見込まれるという。I/O優先ストレージの2014~2019年の年平均成長率(CAGR)は27.1%で、2019年には457億4500万円に達すると予測している。

残り本文:約1166文字 ログインして続きを読んでください。

「ストレージ」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
IAサーバー
UNIXサーバー
コンバージド・ハイパーコンバージド
その他サーバー
ストレージ
スイッチ
無線LAN
ルーター
ロードバランサー
VPN
WAN高速化
その他ネットワーク
サーバー仮想化
コンテナ
SDS/ストレージ仮想化
SDN/ネットワーク仮想化
デスクトップ仮想化
アプリケーション仮想化
その他仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. IT部門責任者が理解すべき「コンテナとKubernetes」の基礎を網羅
  2. Zoomなどオンライン商談による「ちょっとだけ打ち合わせ」の威力とは?新しい売り方の教科書が登場!
  3. データ活用のためのハイブリッドクラウド基盤構築-データプラットフォームに求められる12の要件
  4. 脱パスワード 不便と不安を取り除くSSO-メリットと導入方法、ADやM365との連携を解説
  5. 事例:9割の業務の段取りを効率化、個人スキル依存から脱却したDFE社のタスク管理改善術

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]