コンバージド・ハイパーコンバージド

DBサーバ32台を含む70台のハードウェアを集約--保守費用の75%削減を見込む

サイバードは、抜本的なコスト削減策としてデータセンターを移管。その一環として32台のデータベースサーバを含む70台のハードウェアをハイパーコンバージドシステムに集約した。

 サイバードは、データセンター移管に伴い新たにハイパーコンバージドシステムを導入、32台あったデータベース(DB)サーバを含む計70台のハードウェアを集約した。ハードウェア保守料金が40分の1以下に削減され、ソフトウェアを含む保守費用では3年間で約75%の削減を見込んでいるという。ニュータニックス・ジャパンが11月24日に公表した。

 サイバードは1998年の創業以来モバイル向けのサービスを提供しており、現在ではスマートフォン向けを中心としたゲーム事業とコンテンツ事業が2本柱となっている。事業の拡大に伴い、同社ではデータセンターを順次拡張、システムの運用は次第に複雑化してきていた。

 競争力のある価格でサービスを提供するために、以前からさまざまなコスト削減対策を講じてきたが、コスト削減には限界があり、抜本的な改革でのシステム最適化が必要と判断、2014年にデータセンター移管に向けた計画を本格化させたという。

 この計画で特に重要だったのが、ミッションクリティカルなDBサーバを集約できる移行先の確保。新しいDB環境には、運用負荷と保守費用の削減を見込める保守性はもちろん、今まで以上に高い性能と、障害が発生してもサービスを停止することなく、迅速に復旧できるシステムが求められていた。

残り本文:約688文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 実はオンプレより、クラウドの方が安全!?情シス マサシと一緒に考えるクラウドのメリット/デメリット
  2. 報告: IT部門と事業部門の「境目」が消え始めた!?世界のITリーダーが回答
  3. “収益10億円への道”を具体的に描く、世界のSaaSビジネス成功企業からの指南書
  4. 日揮やグリーも活用--世界7万6千社で使われるBox事例集
  5. Boxをビジネスに活⽤するために-業種、職種別のユースケース

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
IAサーバ
UNIXサーバ
コンバージド・ハイパーコンバージド
その他サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan