ロードバランサ ブロケードコミュニケーションズシステムズ

Brocade Virtual Traffic Manager:拡張性に優れたソフトベースの負荷分散装置

負荷分散装置の「Brocade Virtual Traffic Manager」は、アプリケーションデリバリコントローラ(ADC)として機能し、ウェブサーバやアプリケーションサーバの負荷を分散し、処理を効率化できる。拡張性の高さが特徴だ。

 ブロケードコミュニケーションズシステムズの「Brocade Virtual Traffic Manager」は、ソフトウェアベースの負荷分散装置(ロードバランサ)だ。レイヤ7のアプリケーションデリバリコントローラ(ADC)として機能し、ウェブサーバやアプリケーションサーバの負荷を分散し、処理を効率化できる。

 ハードウェアベースの負荷分散装置との違いは、拡張性の高さにある。より高い処理能力が必要になった際には、ライセンスキーを切り替えるだけで、トラフィック容量を拡張可能だ。最上位の無制限ライセンスでは、ライセンスの切り替えも不要で柔軟にパフォーマンスを増減できる。

 負荷分散の手法にも特徴がある。分散対象に均等にリクエストを振り分けるラウンドロビンといった基本的な負荷分散アルゴリズムに加え、処理をスクリプトで記述し、さまざまな状況に応じて処理方法を変更できる。

 SSLの暗号化と復号処理についても、Brocade Virtual Traffic Managerで処理可能なため、ウェブサーバやアプリケーションサーバへの負荷を減らせる。

Brocade Virtual Traffic Managerの概要
用途と機能ソフトウェアベースのアプリケーションデリバリコントローラ
特徴ハードウェア製品に比べ、リソースの追加と変更を柔軟にできる
導入企業朝日新聞、カルビー
現行版の提供開始日2015年8月

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. Docker、Kubernetesがもたらす IT業界の一大変革
  2. 今さら聞けない? Dockerコンテナ入門
  3. 【ZDnet Japan調査】情報システム部門200名への調査から見る「攻めのIT戦略のリアル」
  4. AWSが解説!クラウド移行で失敗しないためのベストプラクティスと戦略─「6つのR」とは
  5. 働き方改革、買い手優位の市場、いまこそ見直すべき『営業力』最高でも最安でもなければ「営業力」が必要

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
スイッチ
無線LAN
ルータ
ロードバランサ
VPN
WAN高速化
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]