BI

世界ビッグデータ支出、年率20%超で成長し2019年には486億ドルに--IDC

IDCは、全世界のビッグデータ技術/サービス市場に関する調査を実施し、2019年までの予測値を公表した。

 IDCは、全世界のビッグデータ技術/サービス市場に関する調査を実施し、2019年までの予測値を公表した。同市場は拡大傾向にあるとしており、年間支出額は2019年に486億ドルに達する予想。2014年から2019年にかけての年平均成長率(CAGR)は23.1%と見込む。

 ビッグデータ市場が拡大する要因として、IDCは企業によるビッグデータ導入が増えることを挙げた。

 ビッグデータ市場の3大主要分野であるインフラ、ソフトウェア、サービスはいずれも2019年まで成長を続ける見通し。ビッグデータ向け支出のうち、およそ半分をインフラ向け支出が占める。各分野のCAGRは、インフラが21.7%、ソフトウェアが26.2%、サービスが22.7%。

 各分野に含まれる技術やサービスは以下のとおり。

  • インフラ:コンピューティング、ネットワーキング、ストレージ用インフラと、セキュリティなどのデータセンター用インフラ
  • ソフトウェア:情報管理、発見&分析、アプリケーションソフトウェア
  • サービス:インフラおよびソフトウェア向けのプロフェッショナル&サポートサービス

 2014年時点でビッグデータ支出が多かった業界は、組立製造(21億ドル)、銀行(18億ドル)、プロセス製造(15億ドル)。また、高いCAGRが予想される業界は、証券&投資サービス(26%)、銀行(26%)、メディア(25%)。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. Docker、Kubernetesがもたらす IT業界の一大変革
  2. 今さら聞けない? Dockerコンテナ入門
  3. 【ZDnet Japan調査】情報システム部門200名への調査から見る「攻めのIT戦略のリアル」
  4. AWSが解説!クラウド移行で失敗しないためのベストプラクティスと戦略─「6つのR」とは
  5. 働き方改革、買い手優位の市場、いまこそ見直すべき『営業力』最高でも最安でもなければ「営業力」が必要

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
統計解析
テキストマイニング
ソーシャルメディア分析
BI
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]