SNS 日本マイクロソフト

Yammer:社内コミュニケーションを活性化する企業向けSNS、ファイルも共有

ソーシャルネットワークサービスの「Yammer」は、社内コミュニケーションを活性化する機能とファイルを共有する機能を利用でき、ディレクトリ同期やログ分析などの管理者向け機能を備える。

 日本マイクロソフトの「Yammer」は、企業向けのソーシャルネットワークサービス(SNS)である。ワークスペース機能やコラボレーション機能を備え、専用のフィード画面で、さまざまな投稿、プライベートメッセージの送受信、「いいね」などを通じて社内コミュニケーションを活性化できる。

 ワークスペース機能では、特定メンバーとのコラボレーションができるグループのほか、全社員が参加可能な公開グループ、招待制の非公開グループを作成できる。さらに、電子メールで招待した外部エンドユーザーとやり取りするためのスペースも作れる。

 コラボレーション機能では、ファイルの共有やプレビュー、投稿やファイルのグループ横断での共有、「ノート」による固定的な情報の共有などができる。フォローによる更新情報の取得や、グループ単位でのメール通知設定も可能である。

 ウェブ、デスクトップ、モバイルのすべてのクライアント環境で、認証プロトコル「SAML 1.1/2.0」ベースのシングルサインオン(SSO)をサポート。自社のパスワードポリシーに合わせて、長さ、有効期限、複雑度に関するパスワードポリシーを設定できる。

 無償の「Yammer Basic」では、エンドユーザー向け機能のみを提供。有償の「Yammer Enterprise」は、ディレクトリ同期やログ分析、エンドユーザー管理、キーワードモニタリングなどの管理者向け機能も備える。Yammer Enterpriseは、日本マイクロソフトのエンタープライズ契約により提供する「Office 365 E1~E4」「SharePoint Online P1~P2 」の特定の契約にも含まれている。

Yammer
Yammerの画面(日本マイクロソフト提供)
Yammerの概要
用途と機能企業向けのソーシャルネットワークサービス(SNS)
特徴ワークスペース機能やコラボレーション機能を備え、専用のフィード画面で、さまざまな投稿、プライベートメッセージの送受信、「いいね」などを通じて社内コミュニケーションを活性化。ディレクトリ同期やログ分析、エンドユーザー管理、キーワードモニタリングなどの管理者向け機能を備える
クライアント環境ブラウザ:Internet Explorer、Firefox、Safari、Chrome
モバイルアプリ:Windows、iOS、Android、など
税別価格Yammer Basicは無料、Yammer Enterpriseは1ユーザーライセンスあたり月額330円、など
導入企業ガリバーインターナショナル、伊藤忠商事、ニフティ、gloops、シャープ、NTTラーニングシステムズ、アクセルマーク、HDE、タクティー、パソナテック、など

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 調査結果:働き方改革の実態――働き方改革によって、どんな支障が出るのか?
  2. どこから解消すれば良い?中小企業の永遠の課題「3つの不足」へのアプローチ
  3. ニーズが高まるDBaaS、30項目の基準で有力ベンダー13社を調査
  4. AI×人間の相乗効果 IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  5. AIはホテルの適切な単価も導き出す。さらなる付加価値もコグニティブで。

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan