DWH AWS

Amazon Redshift:ペタバイト規模を格納できるデータウェアハウスサービス

データウェアハウス(DWH)サービス「Amazon Redshift」は、標準的なSQLや既存のBIツールで分析できる。列指向ストレージ技術とMPPアーキテクチャでデータセットの容量に依存しない高性能を利用できる。

Amazon Redshiftのポイント

  • 列指向ストレージとMPPアーキテクチャで容量に依存しない性能
  • 標準SQLや既存のBIツールで分析可能
  • Amazon S3をデータレイクとしてシームレスにクエリ実行可能

Amazon Redshiftの製品解説

 アマゾン ウェブ サービス ジャパンの「Amazon Redshift」は、ペタバイト規模のデータを取り扱えるクラウド型のデータウェアハウス。システムの設定や監視、スケーリングといった運用の手間が不要で、オンプレミスよりも短期間で導入でき、規模の拡張も容易である。

編集部おすすめの関連記事

 標準的なSQL構文やビジネスインテリジェンス(BI)ツールでデータを分析できる。カスタムのJDBC/ODBCドライバのほか、標準的なPostgreSQL JDBC/ODBCドライバを使用することも可能である。

 列指向ストレージ技術と超並列処理(MPP)アーキテクチャを採用することで、データセットの容量に依存しない高性能を実現している。複数のノード間でデータやクエリを分散、並列化して実行する。ノードを追加すると、自動的にデータを再分配して性能を最適化させる。

 ノードに書き込んだデータはすべて、同じクラスタ内の別ノードに複製し、オブジェクトストレージサービス「Amazon Simple Storage Service(S3)」に自動的にバックアップされる。スナップショットはユーザーが指定すること1~35日間保存される。

 移動中のデータ保護にはSSLを、保管中のデータ保護にはハードウェアアクセラレーション対応のAES(256ビット)を活用して暗号化する。保管中のデータの暗号化を有効にすると、書き込むすべてのデータだけでなく、バックアップデータも暗号化する。

 Amazon S3のエクサバイト単位の非構造化データに対してSQLクエリを直接実行できる「Redshift Spectrum」も含まれている。ロードや変換は不要で、テキストやAvroやCSV、Grok、Ion、JSON、ORC、Parquet、RCFile、RegexSerDe、TSVなどのオープンなデータフォーマットをサポートする。

 Redshift Spectrumは、取得中のデータに基づいて自動的にクエリの計算処理機能をスケーリングし、Amazon S3に対するクエリがデータセットのサイズに関係なく高速で実行されるようにしてくれる。

 構造化され、頻繁にアクセスされるデータをRedshiftのローカルディスクに保存して、膨大な量の非構造化データをAmazon S3のデータレイクに保持、RedshiftとAmazon S3の間でシームレスにクエリをかけるといった使い方も可能。

Amazon Redshiftのまとめ
用途と機能クラウド型データウェアハウス
特徴システムの設定や監視、スケーリングといった運用の手間が不要。カスタムのJDBC/ODBCドライバのほか、標準的なPostgreSQL JDBC/ODBCドライバにも対応。ノードを追加すると、自動的にデータを再分配して性能を最適化させる
Amazon Redshiftの料金
vCPUメモリ(GiB)ストレージ1時間あたりドル
高密度コンピューティング(ストレージはSSD、TB単位)
dc2.large215 0.160.314
dc2.8xlarge32244 2.566.095
高密度ストレージ(ストレージはHDD、TB単位)
ds2.xlarge431 2.001.190
ds2.8xlarge3624416.009.520

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. Docker、Kubernetesがもたらす IT業界の一大変革
  2. 今さら聞けない? Dockerコンテナ入門
  3. AWSが解説!クラウド移行で失敗しないためのベストプラクティスと戦略─「6つのR」とは
  4. オンプレミスと同じ発想ではダメ!可用性向上にはクラウドならではのアプローチが必要な理由とは?
  5. 【公式資料】AWS移行実践!大規模なクラウド化はこうすれば始められる

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
RDBMS
NoSQL
その他データベース
DWH
ETL
EAI/ESB
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]