SAN フラッシュストレージ サンディスク

InfiniFlash:ギガバイトあたり1ドル未満に抑えたオールフラッシュストレージ

オールフラッシュストレージの「InfiniFlash」は、ギガバイトあたりの単価を1ドル未満に抑えている。ビッグデータ処理などの用途にも利用できる。

 サンディスクの「InfiniFlash」は、エンタープライズ向けのオールフラッシュストレージである。米国では2015年3月から提供を開始しており、日本では2015年11月中旬から提供を始める。

 フラッシュはハードディスクドライブ(HDD)よりも容量あたりの単価が高いため、従来はアクセス頻度の高いデータや、リアルタイムな処理を必要とするアプリケーションなどに使われてきた。InfiniFlashはフラッシュの価格をギガバイトあたり1ドル未満に設定するなど、低価格化に成功しており、ビッグデータ処理などの用途にも利用できるとしている。

 3Uの筐体に8Tバイトの専用フラッシュカードを最大64枚搭載できる。Serial Attached SCSI(SAS)拡張ボードで8台のサーバと接続可能であるため、既存のデータセンター環境に影響を与えずストレージを置き換えられるという。

 従来のHDDベースのストレージと比較して、5倍の記録密度、50倍の性能、4倍の信頼性、消費電力を80%削減できるとしている。日本では、米国と同様の価格設定で投入する見通し。

InfiniFlash
InfiniFlashの外観(サンディスク提供)
InfiniFlashの概要
用途と機能エンタープライズ向けのオールフラッシュストレージ
特徴オールフラッシュながらも低価格。ビッグデータ処理などの幅広い用途に利用可能
現行版の提供開始日2015年11月中旬(日本での提供開始)

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 急増する「非マルウェア攻撃」は、どのように防げばいいのか?─新たな発想による防御が必須に
  2. 【保存版】金融・製造・小売・医療…業界別のAI活用シナリオで“ブーム”の次のフェーズへ!
  3. ユーザーの実利用データを解析した「パブリッククラウド利用状況レポート2017」が公開
  4. 「HCIってなに?」─いまさら聞けない特徴・よくある質問・効果的な活用法etc…全部答えます!
  5. “AIのパラドックス”に陥らないために─AI導入成功に向けたロードマップを知る

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
NAS
SAN
フラッシュストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]