ストレージ サンディスク

InfiniFlash:ギガバイトあたり1ドル未満に抑えたオールフラッシュストレージ

オールフラッシュストレージの「InfiniFlash」は、ギガバイトあたりの単価を1ドル未満に抑えている。ビッグデータ処理などの用途にも利用できる。

 サンディスクの「InfiniFlash」は、エンタープライズ向けのオールフラッシュストレージである。米国では2015年3月から提供を開始しており、日本では2015年11月中旬から提供を始める。

 フラッシュはハードディスクドライブ(HDD)よりも容量あたりの単価が高いため、従来はアクセス頻度の高いデータや、リアルタイムな処理を必要とするアプリケーションなどに使われてきた。InfiniFlashはフラッシュの価格をギガバイトあたり1ドル未満に設定するなど、低価格化に成功しており、ビッグデータ処理などの用途にも利用できるとしている。

 3Uの筐体に8Tバイトの専用フラッシュカードを最大64枚搭載できる。Serial Attached SCSI(SAS)拡張ボードで8台のサーバと接続可能であるため、既存のデータセンター環境に影響を与えずストレージを置き換えられるという。

 従来のHDDベースのストレージと比較して、5倍の記録密度、50倍の性能、4倍の信頼性、消費電力を80%削減できるとしている。日本では、米国と同様の価格設定で投入する見通し。

InfiniFlash
InfiniFlashの外観(サンディスク提供)
InfiniFlashの概要
用途と機能エンタープライズ向けのオールフラッシュストレージ
特徴オールフラッシュながらも低価格。ビッグデータ処理などの幅広い用途に利用可能
現行版の提供開始日2015年11月中旬(日本での提供開始)

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

「ストレージ」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
IAサーバー
UNIXサーバー
コンバージド・ハイパーコンバージド
その他サーバー
ストレージ
スイッチ
無線LAN
ルーター
ロードバランサー
VPN
WAN高速化
その他ネットワーク
サーバー仮想化
コンテナ
SDS/ストレージ仮想化
SDN/ネットワーク仮想化
デスクトップ仮想化
アプリケーション仮想化
その他仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 企業価値を「デジタル由来」に転換--大企業のDXをハッカソンで支える日本マイクロソフト
  2. スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る
  3. 2021年のサイバー脅威予測が明らかに─将来の攻撃に企業はいかに備えるべきか
  4. 6割のサイバー攻撃ではマルウェアは使われていない事実が判明─求められる新たな防御戦略とは
  5. “テレワークだからこそ”デスクトップPCを利用すべき?!ノートPCにはない魅力の数々に迫る

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]