会計ソフト 弥生

弥生会計:中小規模企業の会計業務を支援する会計ソフト--クラウド版も提供

会計ソフトウェアの「弥生会計」は、帳簿入力や決算資料の作成など幅広い会計業務に対応する。支援機能やサポートサービスが充実しており、実務経験の少ない経理担当者でもすぐに使い始められる。

 弥生の「弥生会計」は、中小規模企業の会計業務を支援する会計ソフトウェア。支援機能やサポートサービスが充実しており、実務経験の少ない経理担当者でもすぐに使い始められ、帳簿入力や経営状態の確認、試算表、決算資料の作成といった幅広い会計業務に対応する。

 銀行明細やクレジットカード、電子マネーなどの取引データを、連携サービスから自動で取り込んで仕訳する「スマート取引取込」機能を装備。入力の手間と時間を削減できる。ほかに、経理、会計の初心者を支援するために、日付や金額を入力するだけで帳簿が付けられる「かんたん取引入力」機能を用意する。

 入力した取引データから会計帳簿を自動で集計、作成したり、取引の集計結果をグラフ表示して経営状況を確認したりできる。さらに、決算書の自動作成や、提携会計事務所とのデータ連携などの機能も備える。

 製品には、クラウド版の「弥生会計オンライン」とデスクトップ版の「弥生会計」がある。クラウド版は基盤に「Microsoft Azure」を採用。デスクトップ版は、機能や事業規模に応じて、「弥生会計スタンダード」「弥生会計プロフェッショナル」「弥生会計ネットワーク」の3種類がある。

 弥生会計オンラインはエントリ版の位置づけで、会計業務に必要な最低限の機能を提供。同スタンダードは小規模法人、個人事業主向けに、会計業務に必要な機能をカバーする。同プロフェッショナルと同ネットワークは中小規模企業向けで、基本機能のほかに、部門管理、予算管理、経営分析、資金繰りなどの機能を追加した製品である。

 それぞれの製品で、ソフトウェア機能のみの「セルフプラン」と、電話とメールによるサポートや仕訳相談や経理業務相談が利用できる「ベーシックプラン」を用意する。デスクトップ版にはさらに、PCのトラブルにも対応する「トータルプラン」がある。

弥生会計
弥生会計の画面(弥生提供)
弥生会計の概要
用途と機能中小規模企業の会計業務を支援する経理、会計ソフトウェア
特徴支援機能やサポートサービスが充実しており、会計業務の初心者でもすぐに使い始められる。帳簿入力や経営状態の確認、試算表、決算資料の作成といった幅広い会計業務に対応
クライアント環境クラウド版はWindowsとMac、デスクトップ版はWindows
税別価格デスクトップ版スタンダード:3万9000円
プロフェッショナル:7万円
ネットワーク:9万3000円
弥生会計オンラインのセルフプラン:年額2万6000円
ベーシックプラン:年額3万円
発表日「弥生会計 16」は2015年10月30日に発売。「弥生会計オンライン」は2015年7月7日にサービス開始
導入企業メディカル・ソリューションズ、TORICO、あきない総合研究所、など

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 新たな個人データ保護の時代到来!~2018年EU-GDPR施行とその対応~
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  4. セキュリティチーム内の情報連携不足が深刻なリスクに?“脅威インテリジェンス”の活用と自動化で危機回避
  5. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan