RDBMS 日本オラクル

オラクル、Exadata最新版の提供を開始--パブリッククラウドとの連携を意識

最新版は、「Oracle Exadata Database Machine X5-8」で、1システムあたり、最大576CPUコアまで搭載可能。パブリッククラウドサービス「Oracle Cloud」と連携することで、低コストなデータベース統合プラットフォームを構築できるとしている。

 オラクルは11月19日、最新版の「Oracle Exadata Database Machine」の提供を開始すると発表した。最新版は、「Oracle Exadata Database Machine X5-8」で、1システムあたり、最大576CPUコアまで搭載可能、1.3ペタバイトを超えるディスクストレージもしくは180テラバイトの超高速PCIeフラッシュが利用できる。またメモリ容量は最大24テラバイトまで増強可能だ。

 Oracle Exadata X5-8は8ソケットのデータベースサーバに18コアのIntel E7-8895 v3プロセッサを搭載し、データベースサーバ1台あたり合計144コアを収容する。コア数の増加とアーキテクチャのアップデートによってパフォーマンスが従来製品と比較して、最大25%向上している。また、8テラバイトのSAS3ディスクドライバを採用した高容量のストレージサーバを搭載し、ストレージ容量を前世代のX4-8サーバの2倍に拡大している。

 またソフトウェアも最新版(12.1.2.2.0)を実装し、イーサネット向けIPv6のサポートをはじめ、運用管理の簡素化とセキュリティの向上、ストレージの統計取得能力やリバースオフロード機能の向上を実現している。

 ストレージ性能とネットワーク機能では、「Oracle Exadata X5-2」に次ぐ新たなモデルとして、同等の能力を発揮する。サーバ1台単位で拡張でき、「Oracle Database In-Memory」に最適化したシステムやオールフラッシュOLTPシステムなど、企業のニーズに合わせたシステムのカスタマイズが可能。このほか、システム規模に合わせた料金体系や「Oracle VM」の仮想化機能を利用できる。「Oracle Database 12c」や「Oracle Database 11g Release 2」データベースもサポートしている。

 オラクルは、Exadataについて、パブリッククラウドサービス「Oracle Cloud」と連携することで、低コストなデータベース統合プラットフォームを構築できるとしている。また、オンプレミスとパブリッククラウド機能の組み合わせによるデータベースワークロードのプロセスを「Oracle Enterprise Manager」の単一管理画面で管理できるとしている。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 新たな個人データ保護の時代到来!~2018年EU-GDPR施行とその対応~
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  4. セキュリティチーム内の情報連携不足が深刻なリスクに?“脅威インテリジェンス”の活用と自動化で危機回避
  5. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
RDBMS
NoSQL
その他データベース
DWH
ETL
EAI/ESB
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan