NoSQL AWS

Amazon DynamoDB:アクセス急増でも見直し不要のフルマネージド分散型KVS

分散型KVS「Amazon DynamoDB」は、データベース管理に必要な作業の多くを自動化する「フルマネージド」のサービス。アクセスが急増しても設計を見直す必要がない。

Amazon DynamoDBのポイント

  • アクセスが急増してもデータベースの設計を見直す必要がない
  • ドキュメントとキー値のストアモデルの両方をサポート
  • 専用のインメモリキャッシュで応答時間をミリ秒からマイクロ秒に短縮可能

Amazon DynamoDBの製品解説

 アマゾン ウェブ サービス ジャパンの「Amazon DynamoDB」は、分散型キーバリューストア(KVS)のデータベース。従来のリレーショナルデータベース(RDB)とは異なる「NoSQL」に含まれる。データベースの管理に必要な作業の多くを自動化する「フルマネージド」のサービスである。

編集部おすすめの関連記事

 ハードウェアのプロビジョニング、設定と構成、レプリケーション、ソフトウェアパッチの適用、クラスタスケーリングなどの作業が自動化される。テーブルサイズを拡大したりスループットを増したりすると、データのパーティション化や追加サーバ容量のプロビジョニングが自動的に実行される仕組みだ。

 アクセスが急増してもデータベースの設計を見直す必要がない。テーブルの作成、リソース利用率の確認などはAWSの管理コンソールから実行する。

 ドキュメントとキー値のストアモデルの両方をサポートしている。モバイルやウェブ、ゲーム、広告、IoTなどの用途に適していると説明。専用のインメモリキャッシュ「DynamoDB Accelerator(DAX)」は、1秒あたり数百万のリクエストがある場合でも、応答時間をミリ秒からマイクロ秒に短縮できる。

 あらゆる規模のすべてのアプリケーションで安定した高速パフォーマンスを実現。自動パーティション化とソリッドステートドライブ(SSD)を使用してスループット要件を満たし、すべてのスケールで低レイテンシを提供する。

 テーブルが消費するディスク容量の1Gバイトあたりの時間料金が課金される。また、書き込みと読み込みでも課金される。

 書き込みキャパシティユニット(WCU)は、1秒あたり最大1回書き込め、1WCUあたり最低0.47ドル。1カ月あたり最大250万回の読み込みが可能。読み込みキャパシティユニット(RCU)は1秒あたり最大2回読み込め、1RCUあたり最低0.09ドル。1カ月あたり最大520万回の書き込みが可能。

Amazon DynamoDBのまとめ
用途と機能フルマネージドの分散型KVS
特徴ハードウェアのプロビジョニング、設定と構成、レプリケーション、ソフトウェアパッチの適用、クラスタスケーリングなどの作業が自動化。ドキュメントとキー値のストアモデルの両方をサポート。

「NoSQL」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
RDBMS
NoSQL
その他データベース
DWH
ETL
EAI/ESB
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅
  2. 仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム
  3. スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る
  4. Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に
  5. 偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]