NoSQL Amazon Web Services

Amazon DynamoDB:アクセス急増でも設計を見直す必要がない分散型KVS

分散型KVSである「Amazon DynamoDB」は、データベース管理に必要な作業の多くを自動化する「フルマネージド」のサービス。アクセスが急増しても設計を見直す必要がない。データの保存には、SSDが使われている。

 Amazon Web Services(AWS)の「Amazon DynamoDB」は、従来のリレーショナルデータベース(RDB)とは異なる「NoSQL」に含まれる分散型キーバリューストア(KVS)のデータベースだ。データベースの管理に必要な作業の多くを自動化する「フルマネージド」のサービスである。

 具体的には、ハードウェアのプロビジョニング、設定と構成、レプリケーション、ソフトウェアパッチの適用、クラスタスケーリングなどの作業が自動化される。テーブルサイズを拡大したりスループットを増したりすると、データのパーティション化や追加サーバ容量のプロビジョニングが自動的に実行される仕組みだ。つまり、アクセスが急増してもデータベースの設計を見直す必要がない。テーブルの作成、リソース利用率の確認などはAWSの管理コンソールから実行する。

 データの保存には、ハードディスクドライブ(HDD)ではなくソリッドステートドライブ(SSD)が使われている。クラウド型のオブジェクトストレージ「Amazon Simple Storage Service(S3)」に比べて、データ保存の容量単価は高いが、応答速度はDynamoDBの方が高速だ。

Amazon DynamoDBの概要
用途と機能分散型キーバリューストアのデータベース
特徴データベースの管理に必要な作業の多くを自動化している。データの保存には、HDDではなくSSDが使われている
税別価格書き込みスループット:10ユニットの書き込み容量あたり1時間0.00742ドル
読み込みスループット:50ユニットの読み込み容量あたり1時間0.00742ドル
導入企業Realtime.co、など

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  2. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  3. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは
  4. “できる中小企業”の人材採用――事例から紐解く「コア人材」獲得のポイントとは?
  5. これまでのやり方では不都合がたくさん。メールマーケティングの価値を最大化するためには

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
RDBMS
NoSQL
その他データベース
DWH
ETL
EAI/ESB
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan