アクセス管理

SecureCube / Access Check:踏み台型の特権IDアクセス管理ツール

特権ID向けアクセス管理ツール「SecureCube / Access Check」はエージェントレス方式。本番サーバの手前にゲートウェイとして設置。申請が却下された場合は本番サーバにログインできない。

SecureCube / Access Checkのポイント

  • 本番サーバの手前にゲートウェイとして設置、エージェントレス方式を採用
  • どの端末から、どのプロトコルで、どのサーバへアクセスできるかを制御
  • 申請が却下された場合は本番サーバへはログインできない

SecureCube / Access Checkの製品解説

 NRIセキュアテクノロジーズの「SecureCube / Access Check」は、プロキシサーバ(踏み台)型のアクセス管理ツール。本番サーバの手前にゲートウェイとして設置する。特権ID利用の「申請」「承認」「証跡取得」「事後確認」といった監査業務をより正確に、かつ効率的に行うことができる。

編集部おすすめの関連記事

 サーバやクライアントにアプリケーションをインストールする必要のないエージェントレス方式を採用するため、導入が容易で、本番サーバの既存アプリケーションの動作に不具合が出るなどのリスクも軽減される。サーバや利用端末の台数や規模にかかわらず、1セットでの運用が可能だ。

 本番サーバへアクセスする際には、まずSecureCube / Access Checkでユーザーを認証する。その後、アクセスしたい本番サーバを指定し、従来通りrootやAdministratorなどの特権IDで本番サーバにログインする。申請が却下された場合は、該当のアクセスは切断され、本番サーバにログインできない。

 本番サーバへのアクセスは、どの端末から、どのプロトコルで、どのサーバへアクセスできるかを制御できる。事前の申請が承認されないと接続できないアークフロー制御機能も利用可能だ。

 特権IDのパスワード管理機能では、利用者にパスワードを共有しないよう運用することもできる。これらの予防的統制で情報漏洩を防止することに加え、すべての操作履歴を取得、保存し、事前に申請した内容と操作ログを紐づける発見的統制により、監査作業も効率化できる。

 サーバへアクセスした際の操作ログとして、TELNET/SSH、FTP、HTTP、CIFS、SCP/SFTP、RDPは全文ログで取得でき、TCPプロトコルはアクセス記録のサマリーログとして取得できる。これらの記録は日次で集計して管理者にメールで通知される。気になるアクセスがある場合は、ウェブ画面で詳細なログを確認することが可能だ。

 事前申請と操作ログは一括管理でき、申請内容と照合しながら操作を確認できる。あらかじめ登録しておいたコマンド操作が行われている場合、セッション終了と同時に取得した操作ログからキーワードを自動検索し、管理者に通知できるなど、不正な操作を検知する機能も備えている。

SecureCube / Access Checkの操作画面(出典:NRIセキュアテクノロジーズ)
SecureCube / Access Checkの操作画面(出典:NRIセキュアテクノロジーズ)
SecureCube / Access Checkのまとめ
用途と機能特権IDを効率的に管理できるプロキシサーバ型のアクセス管理ツール
特徴本番サーバへのアクセスは、どの端末から、どのプロトコルで、どのサーバへアクセスできるかを制御。TELNET/SSH、FTP、HTTP、CIFS、SCP/SFTP、RDPは全文ログで取得可能。事前申請と操作ログは一括管理でき、申請内容と照合しながら操作を確認
税別価格監視対象数1~10:基本ライセンス290万円、保守費年額58万円
監視対象数11~50:基本ライセンス680万円、保守費年額136万円、ほか
導入企業出光興産、IIJ、インフォサイエンスなど

「アクセス管理」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバーセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. 進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは
  4. 【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン
  5. 「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]