ロボット ジェナ

八十二銀行、一部店舗に「Pepper」導入で接客に活用

八十二銀行は、ソフトバンクロボティクスが開発した人型ロボット「Pepper」の法人向けモデル「Pepper for Biz」を一部店舗に導入する。Pepper for Biz向け自社アプリ「ライフステージ支援」を搭載し、来店客へのサービスに用いる計画。アプリ開発を支援したジェナが11月18日に発表した。

 八十二銀行は、ソフトバンクロボティクスが開発した人型ロボット「Pepper」の法人向けモデル「Pepper for Biz」を一部店舗に導入する。Pepper for Biz向け自社アプリ「ライフステージ支援」を搭載し、来店客へのサービスに用いる計画。アプリ開発を支援したジェナが11月18日に発表した。

 今回導入されるPepperは2台で、八十二銀行の昭和通営業部と南松本支店の2店舗にて、それぞれ11月20日と12月中ごろに稼働を開始する。Pepperは人の表情、言葉、周囲の状況などを認識して行動する感情機能を搭載、もともと持つ娯楽アプリに加え八十二銀行のライフステージ支援アプリを組み合わせることで、接客サービス向上につなげるのが目的。

 具体的な活用方法は以下の3点。

  • キャンペーン等の案内
  • 顧客のライフステージに応じたおすすめ商品の案内
  • 来店客とのコミュニケーション(Pepperは開発したアプリケーションにより様々なポーズをとり、写真撮影が可能)

 ジェナは法人を対象としたスマートフォン、タブレット、ロボット、ウェアラブル向けアプリ開発を展開しており、今回は八十二銀行の依頼を受けてライフステージ支援アプリの開発を支援した。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 調査結果:働き方改革の実態――働き方改革によって、どんな支障が出るのか?
  2. どこから解消すれば良い?中小企業の永遠の課題「3つの不足」へのアプローチ
  3. ニーズが高まるDBaaS、30項目の基準で有力ベンダー13社を調査
  4. AI×人間の相乗効果 IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  5. AIはホテルの適切な単価も導き出す。さらなる付加価値もコグニティブで。

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan