標的型攻撃対策 パロアルトネットワークス

AutoFocus:標的型攻撃のリスクを判断するセキュリティ脅威情報サービス

セキュリティ情報サービスの「AutoFocus」は、同社セキュリティクラウドを導入している7000社超のグローバル企業やサービスプロバイダー、政府機関から収集した大量のファイルを分析し、優先度付きのセキュリティ脅威情報を提供する。

 パロアルトネットワークスの「AutoFocus」は、サイバー攻撃に関する脅威情報などを提供するクラウドサービスである。同社のセキュリティクラウド「WildFire」を導入している7000社超のグローバル企業やサービスプロバイダー、政府機関から収集した大量のファイルを分析し、優先度付きのセキュリティ脅威情報を提供する。

 標的型攻撃の情報は、統計分析や同社のリサーチチームの知見などから導き出した優先度に加えて、個々の脅威の発生源や独自性、同業種での関連性といった背景情報とあわせて提供。セキュリティ担当者は、標的型攻撃の優先度や、攻撃が自社に及ぶリスクを判断し、事前のセキュリティ対策を講じることが可能になる。

 ウェブベースのダッシュボードでは、特定の業界がサイバー攻撃の標的になっているなど、攻撃内容、敵対者、組織的攻撃に関する背景情報を把握できる。一般的なマルウェアと標的型マルウェアを区別するだけでなく、攻撃者と敵対者との関連付けや、最新の攻撃手法や技術、個々の攻撃が大規模な組織的攻撃にどのように組み込まれているのか、なども紹介する。

 AutoFocusが提供するREST形式のAPIをを使って、AutoFocusの情報をほかのサービスやアプリケーションに組み込むことも可能。例えば、独自のダッシュボードを作成して、セキュリティ脅威を自動的にブロックしたり、独自の分析のために情報を収集したりすることが可能だ。


AutoFocusのダッシュボード画面(パロアルトネットワークス提供)
AutoFocusの概要
用途と機能サイバー攻撃に関する脅威情報などを提供するクラウドサービス
特徴WildFireを導入している7000社超のグローバル企業やサービスプロバイダー、政府機関から収集した大量のファイルを分析し、優先度付きのセキュリティ脅威情報を提供する。REST形式のAPIをを使って、AutoFocusの情報をほかのサービスやアプリケーションに組み込むことも可能
価格(税別)オープン価格、利用ユーザー数に基いた年間サブスクリプション形態。販売パートナーから提供
発表日2015年10月13日

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 調査結果:働き方改革の実態――働き方改革によって、どんな支障が出るのか?
  2. どこから解消すれば良い?中小企業の永遠の課題「3つの不足」へのアプローチ
  3. ニーズが高まるDBaaS、30項目の基準で有力ベンダー13社を調査
  4. AI×人間の相乗効果 IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  5. AIはホテルの適切な単価も導き出す。さらなる付加価値もコグニティブで。

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan