デスクトップ仮想化 アシスト

Ericom AccessNow:ブラウザからリモートデスクトップを利用するRDPクライアント

RDPクライアントの「Ericom AccessNow」は、プラグインのインストールや設定が不要で、さまざまなデバイスのHTML5対応ブラウザからリモートデスクトップに接続できる。iOSやAndroid、Chrome OSなどからWindows環境を使える。

 Ericom Softwareの「Ericom AccessNow」は、HTML5対応ブラウザで利用するRDPクライアント。プラグインのインストールや設定が不要で、さまざまなデバイスのHTML5対応ブラウザから仮想デスクトップ(VDI)やWindows RDS(Remote Desktop Service)などのRDPホストへ安全に接続できる。iOSやAndroid、Chrome OSなどからWindowsのデスクトップ環境やアプリケーションを使えるようになる。

 RDPホスト側にAccess Severモジュールをインストールすると、RDPホストとクライアントの間にAccessNowがゲートウェイサーバとして入り、RDPホストから受け取ったRDPデータを変換してWebSocket通信でブラウザに送る仕組み。クライアント側にソフトウェアのインストールや新たな設定が不要なので、クライアント環境に変更を加えることなく利用できる。

 ローカル印刷、クリップボード、ファイル転送、「Ctrl+C」などのコンビネーションキー、タブレット利用時のタッチジェスチャなど、ローカルアプリケーションを利用する場合と操作性は変わらない。同社が独自開発したRDPアクセラレータを実装し、低帯域ネットワークを使う場合でもレスポンスの低下を防げる。

 AccessNowは、Windowsの画面情報だけをHTML5に変換し、ブラウザはその伝送データをレンダリングするだけなので、デバイス側にデータが残らず、情報漏洩のリスクを減らせる。また、ブラウザからSSLで通信するため、リモートアクセス時に仮想私設網(VPN)が必要なく、ネットワークコストの削減につながる。

 既存のクライアント/サーバシステムのウェブアプリケーション化にも利用できる。この場合は、サーバ側のシステム構成やプログラム変更は不要で、元々のクライアント側にAccessNowとRDSサーバを搭載し、ブラウザからアクセスする形態になる。


Ericom AccessNowの画面(アシスト提供)
Ericom AccessNowの概要
用途と機能HTML5対応ブラウザで利用するRDPクライアント
特徴プラグインのインストールや設定が不要で、HTML5対応ブラウザを搭載するさまざまなデバイスから仮想デスクトップ(VDI)や、Windows RDSなどのRDPホストへ安全に接続。Windowsデスクトップやアプリケーションを使えるようにする
クライアント環境対応OSはWindows、Mac OS X、iOS、Android、Linux、Chrome OS。対応ブラウザはInternet Explorer、Firefox、Chrome、Safari
税別価格1ユーザーあたり1万2360円
発表日AccessNow v3.0を2013年10月15日に発表
導入企業Perse School、Quality Distribution、大英図書館、など

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【楽天・富士通 座談会抄録】ビジネスはデータドリブンの時代--DBの性能に限界を感じていませんか?
  2. ITRレポート:主要ベンダーのAIサービスを一挙比較!踊らされないAI活用で事業を広げるコツ
  3. SQL Server 2017 AI Appliance で実現するビジネスの破壊的変革
  4. 爆発的な量のデータを活かすには、AIのチカラが不可欠
  5. 「情報通信白書」でわかった、テレワークの効果と課題

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
サーバ仮想化
コンテナ
SDS/ストレージ仮想化
SDN/ネットワーク仮想化
デスクトップ仮想化
アプリケーション仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan