標的型攻撃対策

攻撃者は対象とする業種に合わせて戦略を決定--セキュリティ調査レポート

Alert Logicのセキュリティ調査レポート「2015 Cloud Security Report」から、脅威の内容は業種によって大きく異なり、ハッカーはクラウドを脆弱な攻撃対象とみなしている、といったことが判明した。

 ハッカーたちは企業から何をどのような手口で盗もうとしているのだろうか。その答えは、企業が持っているデータの種類によって異なり、事業を主にオンラインで行っているか、対面で行っているかによっても変わる。

 Alert Logicはセキュリティ調査レポート「2015 Cloud Security Report 」のなかで、サイバー攻撃者は対象とする業種に合わせて戦略を変えているとした。オンライン小売り業や金融サービス企業は、外部向けに運用しているウェブアプリケーションが攻撃に遭いやすく、顧客のクレジットカード情報が狙われる。一方、オンラインプレゼンスが限定的な石油会社やメーカーは、その企業固有のデータを狙う古典的なハッキング攻撃に対抗することになる。

残り本文:約2460文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 新たな個人データ保護の時代到来!~2018年EU-GDPR施行とその対応~
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  4. セキュリティチーム内の情報連携不足が深刻なリスクに?“脅威インテリジェンス”の活用と自動化で危機回避
  5. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan