PC

「Chrome」が10月もシェア拡大、PCトップの「IE」とモバイル1位の「Safari」に迫る

10月のウェブブラウザ使用シェア(Net Applications調べ)によると、PCからのアクセスでは「Internet Explorer(IE)」(50.86%)、モバイルからのアクセスでは「Safari」(41.13%)がそれぞれ1位だった。いずれも2位の「Chrome」との差が縮まってきている。

 Net Applicationsが集計している全ウェブトラフィックから、10月の1カ月間におけるウェブブラウザ使用シェアをピックアップした。それによると、PCからのアクセスでは「Internet Explorer(IE)」(50.86%)、モバイルからのアクセスでは「Safari」(41.13%)がそれぞれ1位だった。

 デスクトップPCとノートPCの両デバイスを含むPC環境のシェア上位5ブラウザは以下のとおり。

1位:IE(50.86%)
2位:Chrome(31.12%)
3位:Firefox(11.28%)
4位:Safari(5.01%)
5位:Opera(1.28%)


2015年10月のPC環境ブラウザシェア(出典:Net Applications)

残り本文:約869文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. レストランの新しい形!~テーブルIoTが実現する「注文0分」「会計0分」の世界
  2. AIを怖れるな!BI市場における2018年の重要トレンド「トップ10」
  3. GDPRを遵守するために必要なセキュリティ対策とは?
  4. RPAは万能にあらず!正しい自動化ソリューションの選択を
  5. GDPR対応のポイント─日本の企業もGDPRへの対応が求められる

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
周辺機器
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan