SAN フラッシュストレージ NEC

iStorage M:仮想化環境にも対応するSANストレージ、オールフラッシュも用意

SANストレージ「iStorage M」シリーズは、16GbpsのFCや10GbpsのiSCSIに対応。最適な容量配分を行えるなど、仮想化環境に適した機能を搭載。物理と仮想の環境を一元管理することが可能。

iStorage Mのポイント

  • 主要部品を冗長構成にして単一障害点を排除
  • 16GbpsのFCや10GbpsのiSCSI、12GbpsのSASに対応
  • 物理リソースと仮想環境を同一の画面で統合管理

iStorage Mの製品解説

 NECの「iStorage M」シリーズは、SAN対応のディスクアレイ。ポート数や搭載HDD数によって6モデルがあり、オールフラッシュの2モデルもラインナップされる。NASオプションも用意される。

編集部おすすめの関連記事

 主要部品を冗長構成とすることで単一障害点(Single Point of Failure:SPoF)を排除。大容量キャッシュメモリのほかに1分あたり1万5000回転のハードディスクドライブ(HDD)とソリッドステートドライブ(SDD)のハイブリッドストレージを搭載する。

 ホスト接続は16Gbpsのファイバチャネル(FC)、10GbpsのiSCSIに対応、製品によっては12GbpsのSASに対応する。省電力運用をサポートするECO機能、直感的に操作できる管理ソフトウェアによる複数ストレージの統合管理などの機能を搭載する。

 最大1Pバイトのファイルシステムサイズにより、散在するファイルシステムを統合することが可能だ。使用量に応じて物理ディスクドライブを追加し、オンラインで実容量を拡張できるため、コンテンツデータが増大していく場合でも容易に運用管理が可能としている。

 仮想化環境に適した機能も多数搭載する。VMware環境では、仮想マシン単位でバックアップ、リストアでき、I/O流量制御によるQoSを維持した運用や仮想マシンごとのスナップショット、クローン機能も利用可能だ。

 仮想化環境で容量を最適に配分する機能も備える。物理ボリュームの容量を仮想的に割り当てて、不足時にドライブを増設して容量を追加することが可能で、使用されている容量と物理ボリュームの差を最小限にすることができる。

 ブラウザ画面から管理できる。ストレージ容量やディスクの負荷状況、接続されたサーバなどの稼働状況を確認することが可能だ。レプリケーション設定や容量変更、障害発生時の操作などを指示するナビゲート画面も装備する。

 サーバやストレージ、ネットワークなどの物理リソースと仮想環境を同一の画面で統合管理することが可能で、物理的なハードウェアの異常の兆候を探知し、仮想マシンの情報とあわせて性能分析することで、ボトルネックの原因も特定可能だ。また、リソースの最適配置などの自動制御も可能になっている。

 モデルのラインアップはエントリが「M12e」「M120」、ローエンドが「M320」、ミッドレンジが「M510」「M710」、ハイエンドが「M5000」で構成されている。オールフラッシュは「M320F」「M710F」が用意されている。

iStorage Mシリーズのまとめ
用途と機能16GbpsのFCや10GbpsのiSCSIなどにたIoするSANストレージ
特徴主要部品を冗長構成にして単一障害点を排除。VMware環境では、仮想マシン単位でバックアップ、リストアでき、I/O流量制御によるQoSを維持した運用や仮想マシンごとのスナップショット、クローン機能も利用可能
税別価格M12e:61万5000円~、M120:108万4000円~
M320:569万円~、M510:1070万4000円~
M710:1839万8000円~、M5000:2194万円~
M320F:709万円~、M710F:1878万円~
導入企業メタルワン鋼管、プロット、さくらインターネットなど

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. バグ発見にかける時間、ムダですよね? IT現場の働き方改革を推進する5つのヒント
  2. 顧客の「快」を最大化し、「不快」を最小化する
  3. IoTセキュリティの最前線-急増する脅威化したIoTデバイス(Thing Bot)
  4. AWSユーザーはいかにしてAIと機械学習の活用で新しいビジネスモデルを構築したのか
  5. 72時間以内に被害報告できますか? セキュリティツールでGDPRコンプライアンスを強化する方法

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
NAS
SAN
フラッシュストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]