MDM トレンドマイクロ

Trend Micro Mobile Security:MDMを統合したスマホ用セキュリティソフト

スマートフォン向けセキュリティソフトウェア「Trend Micro Mobile Security」はMDMの機能を統合。各端末のOSやアプリの状況を把握し、ポリシーを適用できるインベントリ管理機能も搭載。単一のコンソールから一元的に管理、制御できる。

Trend Micro Mobile Securityのポイント

  • 不正サイトや管理者の指定したサイトをブロック
  • モバイルアプリの権限や脆弱性をチェックして、リスクを注意喚起
  • OSやインストールされているアプリ、ルート化や暗号化の状況などを把握

Trend Micro Mobile Securityの製品解説

 トレンドマイクロの「Trend Micro Mobile Security」は、モバイル端末管理(MDM)の機能を統合したスマーフォン向けセキュリティソフト。マルウェア対策、ウェブ脅威対策、MDMを一つにまとめたことで、コストと煩雑さを削減する。対応OSはiOS、Android、Windows Phone。

編集部おすすめの関連記事

 単一のコンソールからモバイル端末やモバイルアプリ、データを可視化、制御できるようになっており、すべてのエンドポイントセキュリティを一元的に可視化できるため、運用コストの削減につなげられる。

 端末セキュリティ対策では、マルウェア対策機能のほか、不正サイトや管理者の指定したサイトをブロックするなどの機能で端末を保護する。モバイルアプリの権限や脆弱性をチェックして、リスクをエンドユーザーに注意喚起することも可能だ。管理者の設定したポリシーに基いて禁止アプリのアンインストールを促せるだけでなく、起動をブロックすることも可能だ。

 インベントリ管理の機能も備えており、各端末のOSやそのバージョン、インストールされているアプリ、ルート化や暗号化の状況、パターンファイルのバージョンアップ、ポリシーの適応状況などは、ダッシュボードやメールレポートで管理者が把握できる。

 「Trend Micro Control Manager」から他製品と統合して管理することが可能で、運用状況の確認やポリシーの配信など、一元的に管理できる。セキュリティ対策のみのモードを利用すれば、他社製MDMと連携して運用することも可能だ。

Trend Micro Mobile Securityのまとめ
用途と機能マルウェア対策、ウェブ脅威対策、MDMを統合
特徴単一のコンソールからモバイル端末やモバイルアプリ、データを可視化、制御。管理者の設定したポリシーに基いて禁止アプリのアンインストールを促せるだけでなく、起動をブロック。各端末のOSやそのバージョン、インストールされているアプリ、ルート化や暗号化の状況、パターンファイルのバージョンアップ、ポリシーの適応状況を管理
税別価格購入数が250~499アカウントの場合、1端末あたりの年間初年度利用料が3110円

「MDM」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
運用管理
資産管理
MDM
バックアップ
ディザスタリカバリ
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. 進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは
  4. 【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン
  5. 「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]