運用管理 AWS

AWS OpsWorks:サーバーの設定や管理を自動化--オンプレミスにも対応

構成管理サービス「AWS OpsWorks」は構成管理ソフトウェア「Chef」「Puppet」でのサーバーの設定や管理などの作業を自動化可能。独自の構成管理システムを運用したり、そのインフラを管理したりする必要がなくなる。

AWS OpsWorksのポイント

  • サーバーのパッチ適用やアップデート、バックアップが自動的に実行可能
  • 自動的に修正、更新、バックアップしてPuppetのマスターサーバーを管理
  • さまざまなレイヤーをスタックとしてアプリケーションをモデリング

AWS OpsWorksの製品解説

 Amazon Web Services(AWS)の「AWS OpsWorks」は設定管理サービス。構成管理ソフトウェアの「Chef」や「Puppet」を活用して仮想マシン「Amazon Elastic Compute Cloud(EC2)」のインスタンスやオンプレミスのサーバーの設定や実装、管理を自動化できる。

編集部おすすめの関連記事

 独自の構成管理ソフトウェアを運用したり、そのインフラを管理したりする必要がなくなる。「AWS Opsworks for Chef Automate」「AWS OpsWorks for Puppet Enterprise」「AWS OpsWorks Stacks」の3つがある。

 Opsworks for Chef Automateは、Chefの設定管理や継続的デプロイを目的にした自動化ツール群である「Chef Automate」を実行するための構成管理サービス。サーバーのパッチ適用やアップデート、バックアップが自動的に実行可能。Chef Automateの全ての機能が利用できる。加えてChefの既存のクックブックとも連動できる。

 OpsWorks for Puppet Enterpriseは、Puppetのインフラとアプリケーションの管理を自動化できるツール「Puppet Enterprise」をホストする構成管理サービス。サーバーを自動的に修正、更新、バックアップしてPuppetのマスターサーバーを管理する。

 Puppet Enterpriseの全ての機能にアクセスして各機能はPuppetのコンソールで管理、Puppetのコードをシームレスに使用できる。

 OpsWorks Stacksは、アプリケーションとサーバーの管理サービス。ロードバランシングやデータベース、アプリケーションサーバーなどのさまざまなレイヤーをスタックとしてアプリケーションをモデリングできる。

 各レイヤーでは、EC2インスタンスのプロビジョニングや自動スケーリングの有効化、Chefレシピでのインスタンス設定を実行できる。パッケージのインストール、言語やフレームワークのプログラミング、ソフトウェアの構成といった作業を自動化できる。

AWS OpsWorksのまとめ
用途と機能構成管理サービス
特徴サーバーのパッチ適用やアップデート、バックアップが自動的に実行可能。自動的に修正、更新、バックアップしてPuppetのマスターサーバーを管理。さまざまなレイヤーをスタックとしてアプリケーションをモデリング

「運用管理」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
運用管理
資産管理
MDM
バックアップ
ディザスタリカバリ
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. 進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは
  4. 【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン
  5. 「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]