運用管理 AWS

AWS OpsWorks:アプリの運用保守のタスクを統合管理し、自動化

管理ツールの「AWS OpsWorks」は、プロビジョニングや設定管理、デプロイメントなどのアプリケーションの運用、保守に必要なタスクを統合管理し、自動化できる。

 Amazon Web Services(AWS)の「AWS OpsWorks」は、アプリケーションライフサイクルのための管理ツールである。プロビジョニング、設定管理、デプロイメント、ソフトウェア更新、モニタリング、アクセス制御といったアプリケーションの運用、保守に必要なタスクを統合管理し、自動化できる。

 「AWS Management Console」から起動できる。AWS OpsWorksは、アプリケーション全体を、リソースとソフトウェア設定を定義した複数のレイヤで構成するスタックとしてモデル化。それに基づいてリソースをプロビジョニングし、アプリケーションをデプロイする。

 アプリケーションレイヤとしてRuby on Rails、PHP、Node.js、Java、Nginx、データベースレイヤとしてMySQL、ロードバランサーレイヤとしてHAProxy、ユーティリティレイヤとしてMemcached、Gangliaなどをあらかじめ用意する。これらのレイヤを使うほかにも、独自にレイヤを定義し、オープンソースのシステム統合フレームワーク「Chef」を使った設定も可能である。

 レイヤを定義してスタックを起動すると、AWS OpsWorksは指定のリポジトリからコードを取得してインスタンスにデプロイし、スタックを実行する。AWS OpsWorksでは、一般的な管理タスクを自動化しており、自動フェールオーバー、ルールベースまたは時間ベースの自動スケーリングなどができる。

 仮想マシンサービス「Amazon Elastic Compute Cloud(EC2)」のLinuxとWindows Serverのインスタンスや、オンプレミス環境で稼働しているLinuxサーバをサポートする。オンプレミス環境の場合は、AWS OpsWorksのエージェントソフトをサーバにインストールして、「AWSパブリックエンドポイント」に接続する必要がある。

 AWSリソースの使用料を支払えば、追加料金なしでAWS OpsWorksを利用できる。ただし、オンプレミスのサーバを使う場合は、AWS OpsWorksエージェントのインストール先のサーバごとに1時間あたり0.02ドル(2015年11月時点)が掛かる。

AWS OpsWorks
AWS OpsWorksの画面。PHPアプリケーションのレイヤを定義しているところ(Amazon Web Services提供)
AWS OpsWorksの概要
用途と機能アプリケーションライフサイクルのための管理ツール
特徴プロビジョニング、設定管理、デプロイメント、ソフトウェア更新、モニタリング、アクセス制御といったアプリケーションの運用、保守に必要なタスクを統合管理し、自動化できる
税別価格AWSリソースの使用料を支払えば、追加料金なしで利用が可能。オンプレミスのサーバを使う場合はサーバごとに1時間あたり0.02ドル(2015年11月時点)
導入企業BeachMint、Toronto Star、Artsy、Wooga、Freshdesk、など

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 調査結果:働き方改革の実態――働き方改革によって、どんな支障が出るのか?
  2. 調査資料:職場と人事の将来~日本の場合
  3. ニーズが高まるDBaaS、30項目の基準で有力ベンダー13社を調査
  4. AIはホテルの適切な単価も導き出す。さらなる付加価値もコグニティブで。
  5. 既存のアンチウイルスでは防げない脅威にどう立ち向かう?

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
運用管理
資産管理
MDM
バックアップ
ディザスタリカバリ
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan