コンバージド・ハイパーコンバージド シスコシステムズ

Cisco UCS:インフラの構築と運用工数を減らせるサーバ製品群

x86サーバの「Cisco Unified Computing System(UCS)」は、ネットワークやストレージ、仮想化基盤も統合して提供する。

 シスコシステムズの「Cisco Unified Computing System(UCS)」は、データセンター向けのx86サーバ製品だ。プライベートクラウドやデスクトップ仮想化基盤(VDI)の構築に利用できる。

 Cisco UCSは、サーバ、ネットワーク、ストレージ、仮想化基盤を統合して提供する。ブレードサーバの「Bシリーズ」、拡張性に優れたモジュラー型の「Mシリーズ」、支店などのリモートオフィス向けの「Mini」などがある。

 サーバやネットワークなど、インフラの構築に必要な関連機器をまとめて導入し、統合的に管理できるため、IT環境の構築と運用工数を大きく減らせることが特徴だ。

 高速なネットワークインターフェースでサーバ間を接続しており、ネットワーク機器の数を減らせるという。それにより、システムを拡張する際にもネットワーク接続をシンプルに保つことが可能だとしている。

Cisco UCS
Cisco UCSの外観(シスコシステムズ提供)
Cisco UCSの概要
用途と機能x86サーバ、ネットワーク、ストレージ、仮想化基盤を統合したサーバ製品
特徴ブレードサーバのBシリーズ、拡張性に優れたモジュラー型のMシリーズ、支店などのリモートオフィス向けのMiniなどがある。インフラの構築に必要な関連機器をまとめて導入、管理できるため、IT環境の構築と運用工数を大きく減らせる
導入企業富士電機、すかいらーく

関連記事

一緒に見られている製品

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
IAサーバ
UNIXサーバ
コンバージド・ハイパーコンバージド
その他サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan