運用管理

Scalr:パブリックもプライベートも自在なマルチクラウド運用管理ツール

マルチクラウド対応の統合運用管理ツールである「Scalr」は、用途別のテンプレートを使って目的に応じたシステムを容易に構築できる。AWSなどのパブリッククラウド、OpenStackでのプライベートクラウドにサポートする。

 「Scalr」は、複数のクラウド環境(マルチクラウド)でシステムを統合的に運用管理するためのツールである。

 Amazon Web Services(AWS)、Rackspace、IDCFクラウド、Google Compute Engine、Microsoft Azureなどのパブリッククラウドに加えて、オープンソースのクラウド構築基盤であるOpenStack、CloudStackなどのプライベートクラウド環境と接続可能だ。

 LAMP(Linux、Apache、MySQL、PHP)環境やリレーショナルデータベース管理システム(RDBMS)、キーバリューストア(KVS)、ロードバランサなどの用途別にテンプレートを標準で実装しているため、目的に応じて容易にシステムを構築できる。ウェブベースのGUIインターフェースから操作する。

 自社構築するオープンソース版、SaaSのHosted版、企業向けのEnterprise版がある。

Scalr
Scalrの画面(Scalr提供)
Scalrの概要
用途と機能マルチクラウド環境でシステムを統合的に運用管理するためのツール
特徴対応するクラウド:AWS、Rackspace、IDCFクラウド、Google Compute Engine、Microsoft Azure
OpenStack、CloudStackで構築したプライベートクラウド環境とも接続可能
税別価格Hosted版:月額99ドルで5000SCU(Scalr Compute Units)分を利用可能。SCUは同社が定めた1時間あたりの独自のインスタンス単位

「運用管理」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
運用管理
資産管理
MDM
バックアップ
ディザスタリカバリ
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWS、Microsoft、Googleがリード!パブリッククラウドコンテナプラットフォーム市場分析
  2. ウィズコロナ時代はあと2年は続く?!アフターデジタル時代の4つの重要ポイント
  3. 2021年のサイバー脅威予測が明らかに─将来の攻撃に企業はいかに備えるべきか
  4. “テレワークだからこそ”デスクトップPCを利用すべき?!ノートPCにはない魅力の数々に迫る
  5. 7つの視点で解説するデータベース構築・運用ー誰でもわかるSQL Serverストレージガイド

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]