運用管理

Scalr:パブリックもプライベートも自在なマルチクラウド運用管理ツール

マルチクラウド対応の統合運用管理ツールである「Scalr」は、用途別のテンプレートを使って目的に応じたシステムを容易に構築できる。AWSなどのパブリッククラウド、OpenStackでのプライベートクラウドにサポートする。

 「Scalr」は、複数のクラウド環境(マルチクラウド)でシステムを統合的に運用管理するためのツールである。

 Amazon Web Services(AWS)、Rackspace、IDCFクラウド、Google Compute Engine、Microsoft Azureなどのパブリッククラウドに加えて、オープンソースのクラウド構築基盤であるOpenStack、CloudStackなどのプライベートクラウド環境と接続可能だ。

 LAMP(Linux、Apache、MySQL、PHP)環境やリレーショナルデータベース管理システム(RDBMS)、キーバリューストア(KVS)、ロードバランサなどの用途別にテンプレートを標準で実装しているため、目的に応じて容易にシステムを構築できる。ウェブベースのGUIインターフェースから操作する。

 自社構築するオープンソース版、SaaSのHosted版、企業向けのEnterprise版がある。

Scalr
Scalrの画面(Scalr提供)
Scalrの概要
用途と機能マルチクラウド環境でシステムを統合的に運用管理するためのツール
特徴対応するクラウド:AWS、Rackspace、IDCFクラウド、Google Compute Engine、Microsoft Azure
OpenStack、CloudStackで構築したプライベートクラウド環境とも接続可能
税別価格Hosted版:月額99ドルで5000SCU(Scalr Compute Units)分を利用可能。SCUは同社が定めた1時間あたりの独自のインスタンス単位

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. SQL Server 2017 AI Appliance で実現するビジネスの破壊的変革
  2. 【楽天・富士通 座談会抄録】ビジネスはデータドリブンの時代--DBの性能に限界を感じていませんか?
  3. 「情報通信白書」でわかった、テレワークの効果と課題
  4. 今後増加しそうな「名ばかり機械学習 セキュリティ」を見極める3条件--どれが欠けてもダメ
  5. 「オフィスにいなくても仕事ができる」は「24時間仕事をしろ」ではない!VDI導入の本当の恩恵

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
運用管理
資産管理
MDM
バックアップ
ディザスタリカバリ
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan