運用管理

Scalr:パブリックもプライベートも自在なマルチクラウド運用管理ツール

マルチクラウド対応の統合運用管理ツールである「Scalr」は、用途別のテンプレートを使って目的に応じたシステムを容易に構築できる。AWSなどのパブリッククラウド、OpenStackでのプライベートクラウドにサポートする。

 「Scalr」は、複数のクラウド環境(マルチクラウド)でシステムを統合的に運用管理するためのツールである。

 Amazon Web Services(AWS)、Rackspace、IDCFクラウド、Google Compute Engine、Microsoft Azureなどのパブリッククラウドに加えて、オープンソースのクラウド構築基盤であるOpenStack、CloudStackなどのプライベートクラウド環境と接続可能だ。

 LAMP(Linux、Apache、MySQL、PHP)環境やリレーショナルデータベース管理システム(RDBMS)、キーバリューストア(KVS)、ロードバランサなどの用途別にテンプレートを標準で実装しているため、目的に応じて容易にシステムを構築できる。ウェブベースのGUIインターフェースから操作する。

 自社構築するオープンソース版、SaaSのHosted版、企業向けのEnterprise版がある。

Scalr
Scalrの画面(Scalr提供)
Scalrの概要
用途と機能マルチクラウド環境でシステムを統合的に運用管理するためのツール
特徴対応するクラウド:AWS、Rackspace、IDCFクラウド、Google Compute Engine、Microsoft Azure
OpenStack、CloudStackで構築したプライベートクラウド環境とも接続可能
税別価格Hosted版:月額99ドルで5000SCU(Scalr Compute Units)分を利用可能。SCUは同社が定めた1時間あたりの独自のインスタンス単位

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 新たな個人データ保護の時代到来!~2018年EU-GDPR施行とその対応~
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  4. セキュリティチーム内の情報連携不足が深刻なリスクに?“脅威インテリジェンス”の活用と自動化で危機回避
  5. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
運用管理
資産管理
MDM
バックアップ
ディザスタリカバリ
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan