デスクトップ仮想化 ネットワンシステムズ

ワークステーションから移行--設計の3D CADを仮想化、GPU仮想化技術も活用

造船大手ジャパン マリンユナイテッドの横浜事業所では、設計部門が3D CAD業務で利用する仮想デスクトップ環境を構築し、11月から稼働させている。

 造船大手ジャパン マリンユナイテッドの横浜事業所では、設計部門が3D CAD業務で利用する仮想デスクトップ環境を構築し、11月から稼働を開始した。GPU仮想化技術で3D CADを稼働できる高い描画力とコスト効率を両立し、技術者たちのワークスタイル変革を実現したという。ネットワンシステムズが11月10日に発表した。

 ジャパン マリンユナイテッドは、ユニバーサル造船とアイ・エイチ・アイ マリンユナイテッドの2社が統合して2013年に誕生。商船、艦船、海洋・エンジニアリング、ライフサイクルの4事業を軸として、船舶や艦艇、海洋浮体構造物などを設計、製造、販売し、国内トップクラスの建造実績を持つという。

残り本文:約1114文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 新たな個人データ保護の時代到来!~2018年EU-GDPR施行とその対応~
  2. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  3. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  4. セキュリティチーム内の情報連携不足が深刻なリスクに?“脅威インテリジェンス”の活用と自動化で危機回避
  5. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
サーバ仮想化
コンテナ
SDS/ストレージ仮想化
SDN/ネットワーク仮想化
デスクトップ仮想化
アプリケーション仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan