コンバージド・ハイパーコンバージド

Vblock:ハイパーバイザ中心に製品を統合、検証済みのコンバージドインフラ

コンバージドインフラストラクチャの「Vblock」は、サーバ、ストレージ、ネットワーク、仮想化基盤を1つの筺体に統合した検証済みのシステムである。仮想化システムのインフラを短期間でリスクを抑えて導入できる。

 VCEテクノロジー・ソリューションズの「Vblock」は、サーバ、ストレージ、ネットワーク、仮想化基盤を1つの筺体に収めたコンバージドインフラストラクチャである。仮想化基盤は「VMware vSphere」、vSphere環境を管理、自動化する「VMware vCenter」、x86サーバは「Cisco UCS」、スイッチとして「Cisco Nexus」、SANスイッチは「Cisco MDS」、ストレージにはユニファイドのミッドレンジ「EMC VNX」とハイエンドの「EMC Symmetrix VMAX」を使用する。

 システムを構成する全コンポーネントを事前に設計、設定、検証し、シームレスに統合して提供する。そのためユーザー企業は、仮想化システムのインフラを短期間でリスクを抑えて導入できる。

 求められるシステムの規模や処理能力、可用性に応じて、「Vblock System 100/200/300/700」シリーズをラインアップ。システム運用管理ソフトウェアとして「VCE Vision Intelligent Operations」を提供する。

 100シリーズと200シリーズは中規模のビジネス向け、300シリーズは大規模なクラウドと仮想環境の構築に適している。700シリーズは、ミッションクリティカルなアプリケーションを稼働する数千台の仮想マシンと仮想デスクトップを、高い信頼性で実行できる。「Vblock System 240/540/740」は、オールフラッシュストレージを搭載する。

 2015年3月には、コンバージドインフラストラクチャの新製品「VxBlock」システムが発表された。VxBlockは、ソフトウェア定義型ネットワークとして、「Cisco Application Centric Infrastructure(ACI)」と「VMware NSX」のいずれかを選択できる。

Vblock
Vblockの筺体(VCE提供)
Vblockの概要
用途と機能サーバ、ストレージ、ネットワーク、仮想化基盤を1つの筺体に収めたコンバージドインフラストラクチャ
特徴
導入企業鳥取県情報センター、東京電機大学、大阪工業大学、ソフトバンクテレコム、など

関連記事

一緒に見られている製品

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
IAサーバ
UNIXサーバ
コンバージド・ハイパーコンバージド
その他サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan