UTM ソフォス

Sophos SG UTM:サンドボックスも搭載する統合脅威管理アプライアンス

UTMアプライアンス「Sophos SG」はファイアウォールをベースに、ネットワーク保護、無線保護、ウェブ保護、メール保護などの機能を搭載。サンドボックス機能でランサムウェアや標的型攻撃に対応する。

Sophos SG UTMのポイント

  • サンドボックスを回避するタイプも侵入する前に特定可能
  • Wi-Fiは複数のゾーンに分離、ゲスト用ホットスポットも設定可能
  • スパムやフィッシングにも対策、メール経由のDLPにも対応

Sophos SG UTMの製品解説

 ソフォスの「Sophos SG UTM」は、さまざまなセキュリティ機能を搭載する統合脅威管理アプライアンス。ファイアウォール機能をベースに侵入防止や情報漏洩防止、メール保護など複数の機能を実装する。

編集部おすすめの関連記事

 ランサムウェアや標的型攻撃から防御できるサンドボックス機能「Sandstorm」を搭載する。ルールの設定が容易なファイアウォール、カスタムルールを作成可能な侵入防止システム(IPS)を利用できるネットワーク保護機能が搭載されている。VPNアクセスやサイト間VPNなどの機能も搭載している。

 本体に実装するワイヤレスコントローラによって接続するだけで導入が可能な無線保護機能は、ワイヤレスゾーンを複数に分離できる。ゲスト用のホットスポットも設定できる。

 ウェブ経由で侵入する脅威対策では、ウェブマルウェアからの保護やURLフィルタリングのポリシー設定が可能。HTTPSスキャンやエンドポイントでのウェブ対策といった機能も搭載する。

 Sandstormは標的型攻撃をブロックするだけでなく、脅威を把握、分析する。サンドボックスを回避するタイプの脅威がネットワークに侵入する前に特定できる。

 メール保護では、送受信するメールのスパムやフィッシングの対策、データ流出防止(DLP)を搭載。セルフサービス型で隔離メールを管理できる。ウェブサーバ向け機能としてウェブアプリケーションファイアウォール(WAF)、リバースプロクシ認証、SSLのオフロードなどを利用できる。

 ダッシュボード画面から設定、管理できる。リアルタイムに情報が表示され、自由にカスタマイズすることが可能だ。ここではネットワーク保護のルールを設定したり、ウェブアプリケーションのトラフィックをブロックしたり、調整したりできる。

 レポート機能も標準で搭載する。ウェブの利用状況を視覚的に把握できるグラフ形式でレポートを出力できるほか、日次エグゼクティブレポートの自動送付機能や、レポートの匿名化機能なども備えている。

 ネットワークのスループットや筐体の種類によって3系列の製品がある。小規模組織向けのデスクトップ製品はファイアウォールのスループットが1.5G~6Gbps、中規模組織向けの1Uラック製品は11G~27Gbps、大規模組織向けの2Uラック製品は40G~60Gbps。ネットワークのインターフェースはいずれもギガビットイーサネットに対応。デスクトップ製品には無線LANを搭載したモデルもある。

Sophos SG UTMのまとめ
用途と機能UTMアプライアンス
特徴ランサムウェアや標的型攻撃から防御できるサンドボックス機能を搭載、サンドボックスを回避するタイプの脅威がネットワークに侵入する前に特定。スパムやフィッシングにも対策、メール経由のDLPにも対応。ウェブの利用状況を視覚的に把握できるグラフ形式でレポートを出力

「UTM」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバーセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス
  4. 「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ
  5. データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]