プライベートクラウド 日本オラクル

リンテック、基幹システムをグループ共通のプライベートクラウド環境へ移行

粘着紙・粘着フィルムなどの粘着素材や関連機器、特殊紙などの開発、製造、販売を手がける総合メーカーのリンテックは、サプライチェーンや会計、経営管理などを支える基幹システムの基盤を全て集約すべく、統合データベース基盤を構築した。

 粘着紙・粘着フィルムなどの粘着素材や関連機器、特殊紙などの開発、製造、販売を手がける総合メーカーのリンテックは、サプライチェーンや会計、経営管理などを支える基幹システムの基盤を全て集約すべく、統合データベース基盤を構築した。

 今後、海外子会社を含むグループ共通のプライベートクラウド環境を構築しシステムを移行する計画。製品を提供した日本オラクルが11月11日、発表した。

 リンテックは粘着素材の分野で、国内だけでなく、中国や東南アジアをはじめとするアジア地域を中心に、事業のグローバル化を加速している。

 同社では従来、サプライチェーンや会計、経営管理などの基幹システムの稼働環境や開発環境として、用途ごとに異なるサーバを保有しており、管理面での負荷やコストが高いという課題を抱えていたという。

 こうした課題に対し、今後の事業拡大にも柔軟に対応できるグループ共通のITシステム構築のため、将来のハイブリッドクラウドへの移行も視野に入れ、オラクルのデータベース機「Oracle Exadata Database Machine」を採用、これを用いた統合データベース基盤をはじめとする3つのシステム基盤に集約し、プライベートクラウド環境を構築することを決定した。

 さらに、Oracle Exadataに最適化されたバックアップ用ストレージとして、「Oracle ZFS Storage ZS3-2」も合わせて採用した。

 Oracle Exadataの採用にあたって、プライベートクラウド構築に求められる処理能力と拡張性、信頼性および可用性をはじめ、オンライントランザクション処理(OLTP)とバッチ処理、データウェアハウスなど、さまざまなデータベース処理が共存できる特徴が評価されたとのこと。

 リンテックでは今後、サプライチェーン管理や会計に運用されている「Oracle E-Business Suite」を、Oracle Exadataによる統合データベース基盤に移行していく予定。

「プライベートクラウド」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  2. ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説
  3. 問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備
  4. 緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策
  5. たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]