プライベートクラウド 日本オラクル

リンテック、基幹システムをグループ共通のプライベートクラウド環境へ移行

粘着紙・粘着フィルムなどの粘着素材や関連機器、特殊紙などの開発、製造、販売を手がける総合メーカーのリンテックは、サプライチェーンや会計、経営管理などを支える基幹システムの基盤を全て集約すべく、統合データベース基盤を構築した。

 粘着紙・粘着フィルムなどの粘着素材や関連機器、特殊紙などの開発、製造、販売を手がける総合メーカーのリンテックは、サプライチェーンや会計、経営管理などを支える基幹システムの基盤を全て集約すべく、統合データベース基盤を構築した。

 今後、海外子会社を含むグループ共通のプライベートクラウド環境を構築しシステムを移行する計画。製品を提供した日本オラクルが11月11日、発表した。

 リンテックは粘着素材の分野で、国内だけでなく、中国や東南アジアをはじめとするアジア地域を中心に、事業のグローバル化を加速している。

 同社では従来、サプライチェーンや会計、経営管理などの基幹システムの稼働環境や開発環境として、用途ごとに異なるサーバを保有しており、管理面での負荷やコストが高いという課題を抱えていたという。

 こうした課題に対し、今後の事業拡大にも柔軟に対応できるグループ共通のITシステム構築のため、将来のハイブリッドクラウドへの移行も視野に入れ、オラクルのデータベース機「Oracle Exadata Database Machine」を採用、これを用いた統合データベース基盤をはじめとする3つのシステム基盤に集約し、プライベートクラウド環境を構築することを決定した。

 さらに、Oracle Exadataに最適化されたバックアップ用ストレージとして、「Oracle ZFS Storage ZS3-2」も合わせて採用した。

 Oracle Exadataの採用にあたって、プライベートクラウド構築に求められる処理能力と拡張性、信頼性および可用性をはじめ、オンライントランザクション処理(OLTP)とバッチ処理、データウェアハウスなど、さまざまなデータベース処理が共存できる特徴が評価されたとのこと。

 リンテックでは今後、サプライチェーン管理や会計に運用されている「Oracle E-Business Suite」を、Oracle Exadataによる統合データベース基盤に移行していく予定。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 調査結果:働き方改革の実態――働き方改革によって、どんな支障が出るのか?
  2. どこから解消すれば良い?中小企業の永遠の課題「3つの不足」へのアプローチ
  3. ニーズが高まるDBaaS、30項目の基準で有力ベンダー13社を調査
  4. AI×人間の相乗効果 IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  5. AIはホテルの適切な単価も導き出す。さらなる付加価値もコグニティブで。

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan