ミドルウェア

Hadoop YARN:MapReduceに代わる分散処理フレームワーク、汎用アプリにも対応

オープンソースの「Hadoop YARN」は「Apache Hadoop 2.0」から実装された分散処理フレームワークだ。「MapReduce」以外の汎用的な分散アプリケーションを開発、稼働できるようになっている。

 「Hadoop YARN(Yet Another Resource Negotiator)」は、従来の「MapReduce」に代わるオープンソースの分散処理フレームワークだ。「Apache Hadoop 2.0」から実装されている。

 YARNは、MapReduceと違い、MapReduceモデルに従っていないデータを持つアプリケーションも実行可能。これによって、より汎用的な分散アプリケーションを開発でき、Hadoopで動かせる。メモリやCPUなどのリソース要求のハンドリング、スケジューリングを処理する機能も提供する。

 MapReduceと比べて、拡張性、効率性、柔軟性などの面で優れており、MapReduce向けに開発されたアプリケーションであっても、YARNで実行することでその恩恵を享受できる。

Hadoop YARNの概要
用途と機能MapReduceに代わるオープンソースの分散処理フレームワーク
特徴MapReduceモデルに従っていないデータを持つアプリケーションも実行可能。より汎用的なアプリケーションをHadoopで動かせる
税別価格無償(オープンソース)
導入企業Yahoo、eBay

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 調査結果:働き方改革の実態――働き方改革によって、どんな支障が出るのか?
  2. どこから解消すれば良い?中小企業の永遠の課題「3つの不足」へのアプローチ
  3. ニーズが高まるDBaaS、30項目の基準で有力ベンダー13社を調査
  4. AI×人間の相乗効果 IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  5. AIはホテルの適切な単価も導き出す。さらなる付加価値もコグニティブで。

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
OS
ミドルウェア
アプリケーションサーバ
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan