ミドルウェア

Hadoop YARN:MapReduceに代わる分散処理フレームワーク、汎用アプリにも対応

オープンソースの「Hadoop YARN」は「Apache Hadoop 2.0」から実装された分散処理フレームワークだ。「MapReduce」以外の汎用的な分散アプリケーションを開発、稼働できるようになっている。

 「Hadoop YARN(Yet Another Resource Negotiator)」は、従来の「MapReduce」に代わるオープンソースの分散処理フレームワークだ。「Apache Hadoop 2.0」から実装されている。

 YARNは、MapReduceと違い、MapReduceモデルに従っていないデータを持つアプリケーションも実行可能。これによって、より汎用的な分散アプリケーションを開発でき、Hadoopで動かせる。メモリやCPUなどのリソース要求のハンドリング、スケジューリングを処理する機能も提供する。

 MapReduceと比べて、拡張性、効率性、柔軟性などの面で優れており、MapReduce向けに開発されたアプリケーションであっても、YARNで実行することでその恩恵を享受できる。

Hadoop YARNの概要
用途と機能MapReduceに代わるオープンソースの分散処理フレームワーク
特徴MapReduceモデルに従っていないデータを持つアプリケーションも実行可能。より汎用的なアプリケーションをHadoopで動かせる
税別価格無償(オープンソース)
導入企業Yahoo、eBay

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 多機能、シンプル管理、サポート面--管理者の「欲しい」を全部入りにしたストレージとは
  2. 12社のオールフラッシュアレイを徹底比較! 世界のバイヤーが参考にする「AFA製品評価ガイド」公開
  3. 【消費税改正実態調査】全業種に影響する企業の消費税改正対応が、わずか2割しか対応が進んでいない現状
  4. IoT、AI、自動化で事業を組み上げよ--製造業のITのための最新テクノロジー完全ガイド
  5. 既存のセキュリティ対策は“穴だらけ”─企業の命運は次世代型の防御アプローチにかかっている

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
OS
ミドルウェア
アプリケーションサーバ
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]