MDM

MobileIron:Win 10も管理できるEMMツール--クラウドサービスも安全に活用

エンタープライズモビリティ管理(EMM)ツール「MobileIron」は、モバイル端末自体だけでなくアプリやコンテンツも管理する。Windows 10搭載PCも一元的に管理できる。

MobileIronのポイント

  • モバイル端末と社内システムのトラフィックを管理
  • 企業向けアプリストアやVPN接続、安全なモバイルブラウザなど
  • 特定のクラウドサービスに安全に接続、Windows 10も効果的に管理

MobileIronの製品解説

 モバイルアイアン・ジャパンの「MobileIron」は、モバイル端末管理(MDM)に加えてモバイルアプリケーション管理(MAM)、モバイルコンテンツ管理(MCM)機能を含む包括的なセキュリティとエンタープライズモビリティ管理(EMM)ツール。IT管理者は、デバイスやそのアプリケーションのライフサイクルを登録から廃棄まで管理するモバイル管理インフラを実現できる。

編集部おすすめの関連記事

 オンプレミスに導入する「MobileIron Core」とクラウドで活用する「MobileIron Cloud」の2形態がある。それぞれSilver、Gold、Platinumに分かれて、利用できる機能が異なる。

 iOSやAndroid、macOS、Windowsの各端末を集中管理コンソールで管理する。主要コンポーネントであるゲートウェイ「Sentry」がモバイル端末と社内システムの間のデータやトラフィックを管理、リアルタイムにセキュアトンネリングとアクセス制御の機能を提供する。

 「Apps@Work」はエンドユーザーに配付する社内アプリやサードパーティーのアプリを管理する企業向けアプリストア。コンテナ技術を応用した「AppConnect」は特定アプリからVPNで接続できる。「Email+」はiOS/Android向けのセキュアなメールアプリ。

 「Docs@Work」はさまざまなメールやコンテンツ管理システム上のドキュメントへのアクセス、共有、表示が可能。「Web@Work」は、エンドユーザーが社内のウェブリソースにアクセスするためのモバイルブラウザ。「Help@Work」は、エンドユーザーとヘルプデスク担当者で画面を共有して、トラブルシューティングを効率化させる。

 「MobileIron Access」は、Office 365やG Suite、Salesforce、Boxなどのクラウドサービスに安全にアクセスするための機能。信頼されたエンドユーザーにのみ、信頼された端末で、信頼されたアプリからビジネスデータへの接続を許可することで、情報セキュリティリスクを軽減してくれる。安全でないデバイスや不正なアプリ、またはブラウザからの企業向けクラウドサービスへのアクセスを防止できる。

 「MobileIron Bridge」は、1つのコンソールと通信チャネルでWindows 10を搭載するPCを管理するツール。MDMのプロトコルでWindows 10のレガシーな部分にも情報を送信可能。レジストリを編集、管理したり、PCに接続されているハードウェアを判定したり、インストールされているソフトウェアを可視化したり、ファイルシステムを可視化したりなどが可能となっている。

MobileIronのまとめ
用途と機能Windows 10搭載PCも管理できるEMMツール
特徴Silver、Gold、Platinumに分かれて、利用できる機能が異なる。信頼されたエンドユーザーにのみ、信頼された端末で、信頼されたアプリからビジネスデータへの接続を許可。MDMのプロトコルでWindows 10のレガシーな部分にも情報を送信可能

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

「MDM」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
運用管理
資産管理
MDM
バックアップ
ディザスタリカバリ
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. 進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは
  4. 【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン
  5. 「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]