ロードバランサ F5 ネットワークスジャパン

BIG-IP:独自のOSや言語でアプリケーションの配信を制御する負荷分散装置

負荷分散装置の「BIG-IP」は、アプリケーションデリバリコントローラ(ADC)機能を提供するアプライアンス。独自のOSやスクリプト言語を搭載する。

 ファミリは、負荷分散(ロードバランシング)機能を中核にしたアプライアンス。アプリケーションの機能や性能を制御するというコンセプトに注目して“アプリケーションデリバリコントローラ(ADC)”と呼ばれることがある。ウェブアプリケーションのレスポンスを高速化する技術で、「レイヤ4-7スイッチ」とも呼ばれている。

 具体的には、複数のサーバ間で負荷分散するロードバランシング機能、送受信されるコンテンツの圧縮機能、暗号化などの定型処理を肩代わりしてサーバの負荷を軽減する機能、サーバへの攻撃を遮断するファイアウォール機能、アクセスしてきたクライアント端末の種類をHTTPヘッダごとにサーバへ振り分ける機能――などを統合した製品である。

 BIG-IPは、専用設計のハードウェアに独自OS「TMOS(Traffic Management Operationg System)」を実装。TMOSに対応している各種機能をモジュールとして、個別にプラグインできる仕組みとなっている。

 管理GUIコンソールから、BIG-IPの稼働状態の監視や、対象のサーバの稼働状況などが容易に把握できる。そのほか、ネットワークやサーバ管理で頻繁にチェックする情報が一覧表示される。

 さらに、標準搭載している独自のスクリプト言語「iRules」を利用すれば、システムの状況に応じて柔軟な振り分けルールを記述できる。例えば、セキュリティを強化するためにサーバのリソースをクローキングさせたり、クッキー情報を暗号化したりするなど、固有のニーズに対応できる。BIG-IPのユーザーとエンジニアの約14万人が参加するコミュニティーサイト「DevCentral」では、無償で利用できるテンプレートやスクリプトが公開されている。

BIG-IP 4000
ミッドレンジモデルの「BIG-IP 4000」(F5ネットワークスジャパン提供)
BIG-IPファミリの概要
用途と機能アプリケーションデリバリコントローラ(ADC)機能を提供するアプライアンス
特徴ロードバランシング機能、コンテンツの圧縮機能、サーバ負荷の軽減機能、ファイアウォール機能などを備える。独自のスクリプト言語「iRules」を搭載
税別価格エントリモデルのBIG-IP 800:138万円から
導入企業テプコシステムズ、Teck Resources

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 今まさにコグニティブの夜明け―データを活用し洞察力を高めた先駆者に学ぶ
  2. システム開発の革新―IBM Watsonを活用した次世代の超高速開発の衝撃
  3. 調査報告:Windows Server 2016の新機能で実現するハイパーコンバージド・インフラ
  4. 間違ったバックアップ方法では、ランサムウェアからデータを守れない!-仮想テープライブラリーという選択
  5. リスク急増!広がる「BYOC(個人用クラウドの持ち込み)」ほか、頭の痛いネットワークの課題を考える

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
スイッチ
無線LAN
ルータ
ロードバランサ
VPN
WAN高速化
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan