IAサーバー 富士通

PRIMERGY:仮想化環境やHPC用途にも対応するPCサーバ

PCサーバ「FUJITSU Server PRIMERGY」は、ファイルサーバから業務アプリサーバまでの用途をカバーする。クラスタ向けやHPC向け、仮想化環境やインメモリデータベースを搭載したアプライアンスなども提供する。

 富士通の「FUJITSU Server PRIMERGY」は、中小企業のファイルサーバから大企業の業務アプリケーションサーバまでの用途をカバーするPCサーバである。クラスタ向けやハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)向けの高性能製品、仮想化環境やインメモリデータベースを搭載したアプライアンスなども提供する。対応OSは、Windows ServerとRed Hat Enterprise Linux。仮想化環境は、Hyper-V、KVM、vSphere、XenApp、XenDesktopに対応する。に対応する。

 製品のタイプには、タワー型、タワー/ラック型(両形態での利用が可能)、ラック型(1U、2U、3Uの3タイプ)、ブレード型がある。2015年11月時点の製品ラインアップの構成は、(1)タワー型は最大CPU搭載数が1~2基、最大メモリ容量が32G~1536Gバイト、最大ディスク容量が4.8T~72Tバイト、(2)タワー/ラック型は最大CPU搭載数が1~2基、最大メモリ容量が32G~192Gバイト、最大ディスク容量が2.4T~48Tバイト、(3)ラック型は最大CPU搭載数が1~4基、最大メモリ容量が32G~6144Gバイト、最大ディスク容量が2.4T~72Tバイト、(4)ブレード型が最大CPU搭載数が1~2基、最大メモリ容量が512G~768Gバイト(ディスクは搭載しない)――である。

 同社は、PRIMERGY用の運用管理ツールとして「FUJITSU Software ServerView Suite」を提供。これは、インストール支援、異常の監視、検知、イベント通知、キャパシティ管理、ストレージの管理、監視、リモート管理、アップデート管理、パフォーマンス測定などの機能を提供するソフトウェア群である。

PRIMERGY
15コアのCPUを最大4基搭載するラック型サーバ「PRIMERGY RX4770 M1」(富士通提供)
FUJITSU Server PRIMERGYの概要
用途と機能Windows ServerとLinuxに対応するPCサーバ群
特徴中小企業のファイルサーバから大企業の業務アプリサーバまでをカバー
税別価格エントリ機であるTX1310 M1の最小構成が8万6900円から
導入企業IHI、NTTドコモ、明治安田生命

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

「IAサーバー」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
IAサーバー
UNIXサーバー
コンバージド・ハイパーコンバージド
その他サーバー
ストレージ
スイッチ
無線LAN
ルーター
ロードバランサー
VPN
WAN高速化
その他ネットワーク
サーバー仮想化
コンテナ
SDS/ストレージ仮想化
SDN/ネットワーク仮想化
デスクトップ仮想化
アプリケーション仮想化
その他仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. 進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは
  4. 【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン
  5. 「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]