IAサーバ 富士通

PRIMERGY:仮想化環境やHPC用途にも対応するPCサーバ

PCサーバ「FUJITSU Server PRIMERGY」は、ファイルサーバから業務アプリサーバまでの用途をカバーする。クラスタ向けやHPC向け、仮想化環境やインメモリデータベースを搭載したアプライアンスなども提供する。

 富士通の「FUJITSU Server PRIMERGY」は、中小企業のファイルサーバから大企業の業務アプリケーションサーバまでの用途をカバーするPCサーバである。クラスタ向けやハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)向けの高性能製品、仮想化環境やインメモリデータベースを搭載したアプライアンスなども提供する。対応OSは、Windows ServerとRed Hat Enterprise Linux。仮想化環境は、Hyper-V、KVM、vSphere、XenApp、XenDesktopに対応する。に対応する。

 製品のタイプには、タワー型、タワー/ラック型(両形態での利用が可能)、ラック型(1U、2U、3Uの3タイプ)、ブレード型がある。2015年11月時点の製品ラインアップの構成は、(1)タワー型は最大CPU搭載数が1~2基、最大メモリ容量が32G~1536Gバイト、最大ディスク容量が4.8T~72Tバイト、(2)タワー/ラック型は最大CPU搭載数が1~2基、最大メモリ容量が32G~192Gバイト、最大ディスク容量が2.4T~48Tバイト、(3)ラック型は最大CPU搭載数が1~4基、最大メモリ容量が32G~6144Gバイト、最大ディスク容量が2.4T~72Tバイト、(4)ブレード型が最大CPU搭載数が1~2基、最大メモリ容量が512G~768Gバイト(ディスクは搭載しない)――である。

 同社は、PRIMERGY用の運用管理ツールとして「FUJITSU Software ServerView Suite」を提供。これは、インストール支援、異常の監視、検知、イベント通知、キャパシティ管理、ストレージの管理、監視、リモート管理、アップデート管理、パフォーマンス測定などの機能を提供するソフトウェア群である。

PRIMERGY
15コアのCPUを最大4基搭載するラック型サーバ「PRIMERGY RX4770 M1」(富士通提供)
FUJITSU Server PRIMERGYの概要
用途と機能Windows ServerとLinuxに対応するPCサーバ群
特徴中小企業のファイルサーバから大企業の業務アプリサーバまでをカバー
税別価格エントリ機であるTX1310 M1の最小構成が8万6900円から
導入企業IHI、NTTドコモ、明治安田生命

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. AWS公式提供!サーバレスアプリケーション設計・構築・運用のノウハウ
  2. AWS公式資料!ビジネス価値を一新させる「モダンアプリケーション開発」のベストプラクティス
  3. AWSが公式解説!コンテナ化されたマイクロサービスを実装するための12要素のアプリパターン
  4. AWSがアドバイス!CI/CD環境を構築しDevOpsによるソフトウェアデリバリーの迅速化方法
  5. 3つのケースで紹介-“ムダ”な資料作成に費やす“ムダ”な時間を減らし生産的を高めるには

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
IAサーバ
UNIXサーバ
コンバージド・ハイパーコンバージド
その他サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]