RDBMS NoSQL その他データベース 日本オラクル 日本マイクロソフト Microsoft Oracle AWS

データベース市場のリーダーはマイクロソフト、オラクル、AWS--ガートナー調べ

ガートナーの2015年版データベース管理システム調査「Magic Quadrant」から、要点を5つ紹介する。調査結果には、意外と思われるものもある。

 Gartnerは、オペーレーショナルデータベース管理システムに関する「Magic Quadrant」(マジック・クアドラント)調査レポートの2015年版を公表した。上位陣は引き続きIBM、Microsoft、Oracle、SAPで、Amazon Web Services(AWS)が新たな主要データベースの仲間に加わった。

 調査対象は、従来型リレーショナルデータベース管理システム(RDBMS)、NoSQLデータベース、インメモリデータベース分野の、商用およびオープンソースのデータベースベンダーだ。導入モデルは、ライセンス付きソフトウェアから、パブリッククラウド、アプライアンスまですべてをカバーする。Gartnerは、データベースプラットフォームはトランザクション耐久性、バックアップ、リカバリの機能を備えるものと想定している。

 データベース市場は、拡大する顧客の要求を満たすべく進化し続けてきた。Gartnerのレポートに30社以上のベンダーが含まれることから、同市場の混雑具合がよく分かる。

 レポートの要点は以下のとおり。

Oracleからトップを奪ったMicrosoft

残り本文:約2801文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 調査結果:働き方改革の実態――働き方改革によって、どんな支障が出るのか?
  2. 調査資料:職場と人事の将来~日本の場合
  3. どこから解消すれば良い?中小企業の永遠の課題「3つの不足」へのアプローチ
  4. ニーズが高まるDBaaS、30項目の基準で有力ベンダー13社を調査
  5. AIはホテルの適切な単価も導き出す。さらなる付加価値もコグニティブで。

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
RDBMS
NoSQL
その他データベース
DWH
ETL
EAI/ESB
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan